百円の恋

  • テアトル新宿ほか全国順次公開
  • 2014年 日本映画 113分

どうせ百円の女ですから・・・

100円の恋

目下注目度NO.1女優安藤サクラ主演最新作。時価百円の女、斎藤一子の傷だらけの「恋」と「闘い」の物語。故・松田優作氏の出身地、山口県周南映画祭で、松田氏の志を受け継ぐクリエーターを発掘するために2012年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」で、見事グランプリを受賞した足立紳による脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化。自堕落な生活を送る32歳の女性が「恋」をきっかけに、目覚しい復活を遂げる再生劇がリアルな女心により描かれる。

32歳、斎藤一子。弁当屋を経営する実家で、自堕落な生活を送っている。子連れで出戻ってきた妹との些細なケンカにより家を飛び出した一子は、百円ショップの深夜アルバイトを始める。帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習に励む中年ボクサー狩野と出会い、一子の“女心”が稼動し始めるのだが…。男に遊ばれ、男に捨てられ、女の意地が爆発。狩野を通しボクシングの素晴らしさを知った一子は、だるんだるんの女から、気迫に満ちたエネルギッシュな女へと変化を遂げるのだ。

  • 監督:
    武正晴
  • 出演:
    安藤サクラ
    新井浩文
  • 配給:
    SPOTTED PRODUCTIONS

ブヨブヨ体型からシャープなボディへ。心身共に鍛え上げられた“女ロッキー”安藤サクラがお見事。フットワークの軽さで挑むファイトシーンに感動。努力の跡が覗える。

©2014東映ビデオ