エレナの惑い

Елена / Elena

  • ユーロスペースほかにて公開、全国順次ロードショー
  • 2011年 ロシア映画 109分

エレナの惑い

男社会に生きる女の苦悩と孤独
ロシアの気鋭 ズビャギンツェフが描く“女”のドラマ

ベェネツィア国際映画祭金獅子章受賞作「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督、10年ぶりの日本公開作品。舞台は現代のモスクワ。資産家の夫と裕福に暮らす妻エリナは共に再婚同士。お互いに成人した子供がいる。特にエレナは夫の顔色を覗いながら、ドラ息子家族のために生活費を工面している。ある日、夫が心臓発作で倒れ、介護するエレナの心に憎悪が芽生え始める…。「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように「金銭」が絡んだ熟年夫婦の愛の悲劇を静謐にも鋭く描き出す。

  • 監督:
    アンドレイ・ズビャギンツェフ
  • 出演:
    ナジェンダ・マルキナ
    アンドレイ・スミルノフ
  • 配給:
    株式会社アイ・ヴィー・シー

献身的な妻と過保護な母親を演じ分けるエレナ役のナジェンダ・マルキナに目が離せない。さらに“妊娠”により崩れてゆく若夫婦の愛の悲劇「ヴェラの祈り」も同時公開。

© NON-STOP PRODUCTIONS - IMP. LEVILLAIN RCS CRÈTEIL B 322 482 710