なまいきチョルベンと水夫さん

  • 新宿武蔵野館ほか全国順次公開
  • 1964年 スウェーデン映画 92分

ロッタちゃんに負けないぞ! 強烈なヒロイン日本初見参!!

なまいきチョルベンと水夫さん

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」シリーズで御なじみ児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの人気作の映画化。公開から半世紀、デジタル修正された美しい映像で蘇り日本劇場初公開。のどかな風景、短い夏を有意義に過ごす島の人たち、太っちょ少女チョルベン率いる生き生きとした子供たちの世界、動物愛に満ちたストーリー、さらに子供達のファッションやインテリアなどが北欧らしいカラフルな映像美と共に描かれている。ブ少女チョルベンのキャラも微笑ましい。

スウェーデンの避暑地、ウミガラス島。大人顔負けの饒舌と大きなお尻と丸い体型。健康的少女チョルベンは愛犬“水夫”さんといつも一緒。ある日、漁師さんからアザラシの赤ちゃんをもらい「モーセ」と名づけ、友だちのスティーナやぺッレと一緒に飼い始める。けれどモーセが高く売れると知った漁師さんは奪い返そうと企んでいる様子。そんな時、モーセにチョルベンをとられた“水夫”さんがある事件に巻き込まれ、子供達の猛反撃が開始される。

  • 監督:
    オッレ・ヘルボム
  • 出演:
    マリア・ヨハンソン
    クリスティーナ・イェムトマルク
  • 配給:
    クレストインターナショナル

CG映像に慣れている私たちにとって100%自然映像は新鮮。シンプルで心地よいスウェーデンの夏が満喫できるお薦めの「癒し」作品。

クレストインターナショナル