複製された男

ENEMY

  • TOHOシネマズ シャンテほかロードショー
  • 2013年 カナダ・スペイン合作 90分

脳を刺激する錯乱ミステリー 俺は一体誰なんだ?!

複製された男

もしこの世に自分と瓜二つの人間がいたら、その相手を無償に知りたくなるものだろうか。大学の歴史講師アダムと映画俳優アンソニー。職業や服の趣味は違えども、顔、声、体格、生年月日に加え傷の位置までまったく同じ。どちらがオリジナルで、どちらがダブル(複製)なのか。自分の存在すらも揺るがす“もうひとりの自分”に翻弄された男たちの苦悩と対決の果てにある真実とは?ノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。

ジェイク・ギレンホールが、一人二役を演じ“オリジナルとダブル”その両者を絶妙に演じ分け、観る者を錯乱させる。共演には「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランと「危険なメソッド」のサラ・ガドンのブロンド女優。母親役にイザベラ・ロッセリーニ。原作にはない「蜘蛛」が強烈なインパクトを与えているが、監督曰く「理想の母親」を意味しているとか。それを念頭に鑑賞すれば、また新たな発見があるかもしれない。

  • 監督:
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 出演:
    ジェイク・ギレンホール
    メラニー・ロラン
  • 配給:
    クロックワークス

二人の男は同一人物なのか、クローンなのか、それともドッペルゲンガーなのか。真相は観る者の脳に委ねられている。

ⓒ2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.