her 世界でひとつの彼女

her

  • 新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
  • 2013年 アメリカ映画 126分

ありえない恋
でもこの「恋」が僕を変えた。

メイン_HER

パソコンのAI(人口知能)とまさかの恋におちた男性の切ない恋の物語。「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」など奇抜な世界観で世間をあっと言わせてきた異才スパイク・ジョーンズ最新作。初めて単独で脚本を手掛け本年度アカデミー賞脚本賞を受賞。コンピューター社会、時代を見据えた鋭い感性から生まれる奇抜なアイディアと、普遍的な恋愛を絶妙に絡み合わせ、みたこともない愛の形、想像すら出来なかった結末、切なさが胸を締めつける感動のラブ・ストーリーが誕生した。

そう遠くはない未来のロサンゼルス。主人公のセオドアは、他人に代わって家族や恋人に手紙を書く「代筆ライター」。ある日彼は、最新のAI型OSに恋をした。彼女の名前はサマンサ。AIだが、ユーモアがありセクシーで、誰よりも人間らしくとても賢い女性。人との付き合いはあまり得意ではないセオドアだったが、サマンサとはすぐに打ち解け、いつの間にか彼女に恋をしてしまうのだった。人間セオドアと、人工知能サマンサ、このありえない恋の結末は果たして。

  • 監督:
    スパイク・ジョーンズ
  • 出演:
    ホアンキン・フェニックス
    エイミー・アダムス
  • 配給:
    アスミック・エース

アウトロー俳優ホアンキン・フェニックスの、今まで見たことない穏やかな演技は必見。声のみの出演、スカレート・ヨハンソンのセクシーヴォイスも注目だ。

©Photo courtesy of Warner Bros. Pictures