円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

メイン_円卓こっこひと夏のイマジン

人の気持を“イマジン”すること
それって めちゃカッコええ

「パシフィック・リム」で、ハリウッド・デビューした芦田愛菜の単独主演映画最新作。 人気作家西加奈子の同名小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。 小学3年生のダークな少女こっこ(琴子)は、普通が大っ嫌いで、人とは違うことが大好き。こっこの周りに沢山ある「なんで?どうして?」の疑問を解く鍵は「イマジン」(想像すること)。それはこっこが大人になるための第一歩。夏休み、好奇心旺盛なこっこのシュールな「イマジン」探しの冒険がはじまる…。

  • 監督:
    行定勲
  • 出演:
    芦田愛菜
    伊藤秀優
  • 配給:
    東宝映像事業部

しかめっ面の顔。口癖は「うるさい、ボケ!」。悩み多き小学3年生こっこ役の芦田愛菜。愛らしくもクールに、バリバリの関西弁で演じ新境地を開いている。

(C)2014『円卓』製作委員会