紙の月

紙の月

「罪」が“女”を美しく変えていく

直木賞作家角田光代さんのベストセラー小説の映画化。バブル崩壊直後の1994年。 銀行の契約社員として外回りの仕事をしている梅澤梨花の“理性崩壊”を大胆に描いた物語。夫と二人暮らしの地味な主婦が若い男に溺れ顧客の預金に手をつけたことで、心の奥に潜んでいた「女」としての愛欲が暴れ出し、制御不能となっていく。魔が差したのか、それともそれが彼女の真の姿なのか。7年ぶり映画主演となる宮沢りえが、破滅へと堕ちてゆく主人公を熱演。女の性を見事に演じきった。

  • 監督:
    吉田大八
  • 出演:
    宮沢りえ
    池松壮亮
  • 配給:
    松竹

監督は「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八。地味な女の心の隙に入り込む若い男光太に池松壮亮。その他大島優子、小林聡美など、個性的メンバーが脇を囲んでいる。

© 2014「紙の月」製作委員会