シャトーブリアンからの手紙

LA MER A L’AUBE

  • シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
  • 2012年 フランス・ドイツ映画 91分

シャトーブリアンからの手紙

この「死」を無駄にしないで…罪なき者からの最期のメツセージ

「ブリキの太鼓」の名匠フォルカー・シュレンドルフの13年ぶり長編映画日本公開作品。罪なきフランス市民の命が奪われた「ナント事件」を史実に基づき描く渾身作。ナチ占領下のフランス。一人のドイツ将校暗殺の報復として、ヒトラーは150名の銃殺を要求。多くの政治犯が収容されているシャトーブリアン郡の収容所から人質が選ばれるが、その報復リストには17歳の少年の姿もあった。映画は17歳の少年ギィ・モケを中心に、暗殺事件前日から銃殺執行までの4日間を描く。

  • 監督:
    フォルカー・シュレンドルフ
  • 出演:
    レオ=ポール・サルマン
    マルク・バルベ
  • 配給:
    ムヴィオラ

名前を呼ばれてからわずか1時間後に銃殺された人質たち。彼らの最期を鋭い速度で進めゆくシュレンドルフ監督の手腕に緊迫感が生まれ、集中力が倍増する。

© ARTE France –2011–LES CANARDS SAUVAGES –7ème Apache Films–PROVOBIS FILM