リスボンに誘われて

NIGHT TRAIN TO LISBON

  • Bunkamuraル・シネマほかにて全国ロードショー
  • 2012年 ドイツ・スイス・ポルトガル合作映画 111分

リスボンに誘われて

孤独な男が辿る名もなき作家の劇的人生

パスカル・メルシエのベストセラー小説を「ペレ」「愛の風景」の名匠ビレ・アウグストが映画化。大人の映画の風格漂う作品に仕上げている。一冊の本に導かれリスボンへと赴いた孤独な高校教師ライムントが、本の著者であるアマデウの劇的な人生を辿ることで自らの人生を変えていく様が、美しいリスボンの景観を背景に描かれる。映画は主人公ライムントを軸に現代と独裁政権時代のポルトガルを交錯させ、反体制運動に身を投じたアマデウの素顔と謎に迫っていく。

  • 監督:
    ビレ・アウグスト
  • 出演:
    ジェレミー・アイアンズ
    メラニー・ロラン
  • 配給:
    キノフィルムズ

ジェレミー・アイアンズ、ブルーノ・ガンツ、シャーロット・ランプリングを筆頭に欧州実力派が総出演。中でもアマデウ役のジャック・ヒューストンに注目したい。

© 2012 Studio Hamburg FilmProduktion GmbH / C-Films AG / C-Films Deutschland GmbH / Cinemate SA. All Rights Reserved.