日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

戦後70年を迎え終戦の重みを伝える。日本映画界が誇る豪華キャスト集結!!

第二次世界大戦で日本が降伏を決意した昭和20年8月14日から、昭和天皇が国民に正式発表した翌15日正午の玉音放送までに政府内部で起こった軍事クーデターの緊迫した1日を描いた歴史大作。原作は半藤一利の同名小説を「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。終戦に向けて昭和天皇、鈴木貫太郎首相、阿南陸軍大臣の奮闘ぶりが克明に描かれており「この内閣で戦争を終結させる」と断言する鈴木貫太郎首相の決意には、必ず日本は立ち直ると未来を信じる姿が感動的だ。

  • 監督:
    原田眞人
  • 出演:
    役所広司
    本木雅弘
  • 配給:
    アスミック・エース、松竹

戦後70年を記念してつくられた作品だが、これまで二度同じ題材で映画化されているが昭和天皇の姿が明確に表されたのは始めてで、戦争を終結される英断と苦悩が見事に映し出されている。

© 2015「日本のいちばん長い日」製作委員会