at Home アットホーム

  • 有楽町スバル座 新宿バルト9ほか全国公開
  • 2014年 日本映画 110分

at Home アットホーム

家族の花を咲かせよう

父は泥棒、母は結婚詐欺師、長男は偽造職人で長女も幼い次男も全て了解済み。力を合わせ、和気あいあいとひとつ屋根の下に暮らす森山家。だが彼らは「偽装家族」。一家の大黒柱で父の和彦が仕事先で泥棒してきた「家族」だったのだ…。「ストレイヤーズ・クロニクル」の人気作家本多孝好氏の珠玉の短編小説を「太平洋の奇跡―フォックスと呼ばれた男―」の蝶野博監督が映画化。血の繋がりを超え「家族」として絆を深めていく姿が描かれた、タイトル通りの“アットホーム”な作品だ。

  • 監督:
    蝶野博
  • 出演:
    竹野内豊
    松雪泰子
  • 配給:
    ファントム・フィルム+KATU―do

竹野内豊、松雪泰子を軸に坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗のブレイク必至の若手陣が奮闘。大切に育てれば必ず実る。「家族」とはそういうものだという事を教えてくれる。

©映画『at Home』製作委員会