海街diary

家族になる かけがえのない時間
是枝裕和監督が描く たおやかな女性映画

海街diary

第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞した吉田秋生氏の名作コミックの実写映画化。「どうしても自分の手で映画化したい」と熱望した「そして父になる」の是枝裕和監督が監督・脚本・編集に着手。父親と母親に捨てられた三姉妹と、父親が遺した腹違いの妹が暮らしはじめる物語を、鎌倉の美しい四つの季節と共に感動的に描き上げた。それはまるで古き良き昭和の家族の姿であり、日本映画の大巨匠小津安二郎監督の世界を意識したかのようでもある。

鎌倉の古い屋敷で暮らす三姉妹。しっかり者の長女幸。自由奔放な次女佳乃。マイペースな三女千佳。ある日、三姉妹のもとに十五年前に出て行った父親の訃報が届く。葬儀に参列した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。「一緒に暮らさない?」長女幸の誘いを受け、鎌倉に引っ越して来たすず。食卓を囲み、悩みや喜びを分かち合い、ケンカもする。なんでもない日々の暮らしの積み重ねが、四姉妹を本当の家族にさせていくのだ…。いつまでも観ていたい素敵な女性映画である。

  • 監督:
    是枝裕和
  • 出演:
    綾瀬はるか
    長澤まさみ
  • 配給:
    東宝 ギャガ

天然キャラを封印。大女優原節子さんをスクリーンに蘇らせた綾瀬はるか。長澤まさみ、夏帆、注目の新人広瀬すずの心に響く演技も必見。今最も魅力的な四姉妹が誕生した。

©2015 吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会