おかあさんの木

おかあさんの木

戦後70年 平和を祈る「おかあさんの木」

40年前から小学校の国語の教科書に採用されてきた大川悦生氏著による国民的児童文学の映画化。「がんばっていきまっしょい」の磯村一路監督がメガホンを撮った。時は太平洋戦争。息子たちを次々と兵隊に取られ、その代わりに桐の木を植え息子たちの無事を祈る母親。息子を想う母親心と、母を残し戦地へ赴く息子たちの想い。すべては「お国のため」という戦争の無情さと、普遍的親子の愛がストレートに伝わってくる。“愛国の母”ミツ役を鈴木京香が気丈に演じ涙腺を緩ませる。

  • 監督:
    磯村一路
  • 出演:
    鈴木京香
    志田未来
  • 配給:
    東映

共演に志田未来、三浦貴大、田辺誠一、奈良岡朋子。七人の息子を授かりながらも、全員戦争に奪われた母親の無念さ。日本中の“おかあさん”に捧げる号泣必至の感動作だ。

©2015「おかあさんの木」製作委員会