悪党に粛清を

The Salvation

  • 新宿武蔵野館ほか全国公開
  • 2014年 デンマーク・イギリス・南アフリカ映画 93分

静寂でスリリングマッツ・ミケルセンが魅せるウェスタン・ノワール

悪党に粛清を

デンマークが誇る国際スター、マッツ・ミケルセンが挑む待望の西部劇。19世紀アメリカ西部。7年ぶりに再会した妻と息子を殺された主人公ジョン。仇をうった途端、そのならず者の兄で町を牛耳る悪党用心棒デラルー大佐から逆に命を狙われるはめに。やがて復讐が復讐を呼び、町民を巻き込んだ果てなき死闘が繰り広げられる…。映画は、妻子を殺されたデンマーク移民のジョンと弟を殺された町の悪党用心棒デラルー大佐、さらに舌を切られ言葉を失った謎の女を中心に展開していく。

監督は「キング・イズ・アライヴ」の鬼才クリスチャン・レヴリング。大切な人を殺された者たちの激情の闘いを派手なアクション・シーンは用いず、無駄な台詞も一切使わず、常に静寂さを保った詩情豊かな映像の中にも凄味をきかせ、美しく物悲しいウェスタン・ノワールを完成させた。デンマーク映画でありながら、アメリカを舞台にした西部劇であることが特徴だが、一番は表情一つですべてを物語るマッツ・ミケルセンお得意の演技で魅せる野獣のようなセクシーさが際立っている。

  • 監督:
    クリスチャン・レヴリング
  • 出演:
    マッツ・ミケルセン
    エヴァ・グリーン
  • 配給:
    クロック・ワークス/東北新社 Presented by スターチャンネル

冷静で心優しき男が愛する者を奪われ、悪を成敗するため冷酷なスナイパーとなり銃を握る。設定は王道だが、最後まで芯がブレず、自分の色で勝負した監督の手腕に敬服!

© 2014 Zentropa Entertainments33 ApS, Denmark, Black Creek Films Limited, United Kingdom & Spier Productions (PTY), Limited, South Africa