博士と彼女のセオリー

The Theory of Everything

  • TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
  • 2014年 イギリス映画 124分

献身的愛で結ばれた二人の「奇跡」のセオリー

博士と彼女のセオリー

ALS(筋萎縮性側策硬化症)に侵された天才物理学者スティーブン・ホーキング博士と、彼を支えた妻ジェーンとの心揺さぶる献身的愛の物語。妻ジェーン・ホーキンス著「Travelling to Infinity:My Life with Stephen」の映画化で「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュがメガホンをとった。余命宣告を受けながらも夫婦となり、難病と闘う二人の心の動きを丁寧に繊細に演出した。

1963年ケンブリッジ大学で出会い恋におちた、のちの天才物理学者ホーキングとジェーン。その直後、ホーキングは運動ニューロン疾患と診断され、余命2年の宣告を受けるが、彼と共に生きることを決めたジェーン。力を合わせ未来へと歩き出した二人の結婚生活は、残された2年という時間を5年、10年、20年と延ばしていくのだった。「命ある限り希望はある」ホーキングの前向きな人生観と勇気ある選択で支えたジェーン。映画はこの夫婦の美しすぎる実話が感動的に描かれる。

  • 監督:
    ジェームズ・マーシュ
  • 出演:
    エディ・レッドメイン
    フェリシティ・ジョーンズ
  • 配給:
    東宝東和株式会社

エディ・レッドメインは徐々に身体の筋肉が衰える難病を熱演。実際のホーキング博士を見ているよう。ジェーン役フェリシティ・ジョーンズも共感を呼ぶ強い女性を好演。

©UNIVERSAL PICTURES