パパが遺した物語

Fathers and Daughters

  • 新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
  • 2015年 アメリカ・イタリア映画 116分

この秋、偉大なる父の愛に涙する…

パパが遺した物語

「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督最新作。「ノア 約束の舟」などの主演作をもつラッセル・クロウが製作総指揮・主演を兼ねた父と娘の愛の感動作。あのラッセル・クロウがワイルドな今までのイメージを払拭。娘に愛情を注ぐ温か味のある父親を好演した。共演には「レ・ミゼラブル」のアマンダ・セイフライド、ダイアン・クルーガー、オクタヴィア・スペンサー、ジェーン・フォンダなど豪華キャスト陣。中でも子役のカイリー・ロジャーズのキュートな名演が光った。

妻の事故死により、躁うつ症を患いながらも懸命に育ててくれた小説家の父親が突然亡くなり、一人残された娘のケイティ。以来、愛することに臆病になり孤独な日々を過ごしている。父親の大ファンだったというフリーライターのキャメロンと出会い、彼女の心にある変化が生まれるが…。映画は父と幼い娘の愛の満ち溢れていた過去の物語と、最愛なる父を亡くし愛を乞い生きている25年後の娘の物語を交錯させ、偉大なる父の愛の力、普遍的父と娘の関係性を美しく描き出している。

  • 監督:
    ガブリエレ・ムッチーノ
  • 出演:
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
  • 配給:
    ギャガ GAGA★

原題の「Fathers& Daughters」とは、小説家の父親が死ぬ間際に書き上げた本のこと。父親から娘に贈る「愛のパワー」。心温まる珠玉作が誕生した。

©2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED