キャロル

Carol

美しさに隠された不幸妖艶VS可憐 二大女優 美の競演

キャロル

「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」で知られる大人気作家パトリシア・ハイスミスが、別名義で発表した幻のベストセラー小説、初の映画化。1950年代のニューヨークを舞台に、タイプの違う二人の美しい女性の“禁断の関係”を描いた愛の名作。監督は「エデンより彼方に」の鬼才トッド・へインズ。麗しい50年代を魅惑的に再現させることに定評のあるへインズ監督だけに、今回もまたモダンな作りで、観客を陶酔させる。カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞(ルーニー・マーラ)。

1952年、ニューヨーク。高級百貨店で働くテレーズは、娘のクリスマスプレゼントを買いに来たエレガントな女性と出逢い一瞬して心奪われる。輝くブロンドの髪。謎めいた赤い唇…。その女性の名はキャロル。だが、その美しさに隠された彼女の本当の姿を知ったとき、テレーズの心に“憧れ”以上の感情が湧き上がる…。さすがオスカー女優の貫禄で妖艶なオーラで圧倒させるケイト・ブランシェットとオードーリー・ヘップバーン再来!妖精的魅力の新進女優ルーニー・マーラが主演した。

  • 監督:
    トッド・へインズ
  • 出演:
    ケイト・ブランシェット
    ルーニー・マーラ
  • 配給:
    ファントム・フィルム

豪華な衣装、ムードある音楽。時代を彩る盛り沢山なアイテムをより際立たせる二大女優の溜息が洩れるほどに熱く美しい演技対決。また1本、女性映画の名作が誕生した。

©NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED