ミモザの島に消えた母

BOOMERANG

韓国ではあまり描かれない山岳映画のジャンルで800万人を動員した若きイ・ソクフン監督は、この作品で人気監督の仲間入りをした。

許しと痛み。
“真の家族”を描く極上のドラマ

フランス大西洋に位置するミモザ島で、謎の死を遂げた母親。深い哀しみを背負い “家族”として生きてきた兄妹が、封印されてきた死の真相を探り、家族の秘密を知ることで、初めて“真の家族”として真正面から向き合っていく…。原作は「サラの鍵」のタチアナ・ド・ロネの世界的ベストセラー小説。30年間、兄妹を苦しめてきた母の死の謎に迫っていくミステリー仕立てのストーリーと、“偽りの家族”を演じてきた一家の愛憎劇が融合。心の機微を映し出す上質のドラマが展開する。

  • 監督:
    フランソワ・ファヴラ
  • 出演:
    ローラン・ラフィット
    メラニー・ロラン
  • 配給:
    ファントム・フィルム

ローラン・ラフィット、メラニー・ロランなどフランスを代表するスターが共演。複雑な心情を巧みに演じ切った。ロケーション場所である西仏の風光明媚な景観も魅力的だ。

©2015 LES FILMS DU KIOSQUE FRANCE 2 CINÉMA TF1 DROITS AUDIOVISUELS UGC IMAGES