葛城事件

  • 新宿バルト9ほか全国ロードショー
  • 2016年 日本映画 120分

こんなはずじゃなかった…父の暴走愛 悲劇の終着

葛城事件

監督デビュー作「その夜の侍」が高く評価された赤堀雅秋監督最新作。2013年に監督自身の作・演出で上演された同名舞台の映画化だが、今回の映画化にあたり脚本を改稿。死刑囚の息子をもつ家族の悲劇の物語であると共に、そこに至までの息苦しい親子関係がよりリアルに表現された衝撃問題作に完成された。抑圧的な父親。家族に向ける独りよがりの愛情が空回り。それが本作、葛城事件の発端となるが、いかに「安らぎ」と「笑い」が家族構築に大切かということを真に考えさせられた。

親から引き継いだ金物屋で念願のマイホームを建て、一家を養ってきた葛城清。理想の家族に執着したことが逆に妻や二人の息子たちを苦しめる。父親の期待に大きなプレッシャーを抱える優等生の長男。何をやっても長続きせず、ダメ人間のレッテルを貼られ悶々とするオチこぼれの次男。そしてただ夫に従うだけの妻。息を殺しながら一つ屋根の下で暮らす家族。“一発逆転してやる…”と次男が起した無差別殺傷事件を機に、冷め切った家族関係は決壊したダムのように一気に崩れ出す…。

  • 監督:
    赤堀雅秋
  • 出演:
    三浦友和
    南 果歩
  • 配給:
    ファントム・フィルム

葛城清役の三浦友和が、鬼気迫る迫力と孤独感を募らせ「死刑囚の父」を熱演。その家族に南果歩、新井浩文、若葉竜也。また死刑囚の妻という難しい役に田中麗奈が挑んだ。

©2016「葛城事件」製作委員会