淵に立つ

  • 有楽町スバル座ほか全国ロードショー
  • 2016年 フランス・日本映画 119分

8年前と8年後 家族を変えた“ある事件”
カンヌも驚嘆!衝撃の家族のドラマ

淵に立つ

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作。郊外で小さな工場を営むごく普通の家族が、夫の旧友で前科者の男との奇妙な共同生活をしたことで「罪と罰」を背負うことになる贖罪の物語。最後まで途切れない集中力と緊張感。鋭い洞察力でどっと心に重く圧し掛かる新しい「家族のドラマ」を描き上げた新鋭、深田晃司監督は、本作でカンヌ初ノミネートにて初受賞を果たし、30代の若さながら、カンヌ常連監督の黒澤、是枝、河瀬の名監督に続き、その座をキープした。

郊外で小さな工場を営む鈴岡利雄・章江夫妻と一人娘・蛍のもとに、ある日夫の旧友、八坂が訪れ、奇妙な共同生活が始まる。礼儀正しく温厚な八坂に次第に好意を抱くようになる妻。八坂に何故か負い目を感じている利雄は、二人のただならぬ様子にも気づかないふりをしていた。だがついに八坂の正体が現われ、一家に残酷な爪痕を残し姿を消す。八年後、皮肉な運命の巡り合わせが、一家を再び崖っぷちに立たすことになる。贖罪の果てに辿り着くその“淵”には光が見えるのか…。

  • 監督:
    深田晃司
  • 出演:
    浅野忠信
    筒井真理子
  • 配給:
    エレファントハウス、カルチャヴィル

穏やかさと鋭さを操る浅野忠信の狂気さに身震いする。古館寛治、筒井真理子も淵に立たされた人間の境地を見事に体技。皆、瞬きするのも惜しくなる素晴らしい演技だった。

©2016「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS