希望のかなた

Toivon tuolla puolen

  • ユーロスペースほか全国順次ロードショー
  • 2017年 フィンランド映画 98分

善意が灯す「希望」の光

希望のかなた

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督最新作。「浮き雲」や「過去のない男」などシンプルな語り口でどん底人生を生きる庶民に一筋の「光」をもたらし続けた監督が、近年ではEU諸国における深刻な難民問題をテーマに映画製作を行い、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続き「難民三部作」の第二作目として本作を製作した。北欧フィンランドのヘルシンキを舞台に、地元住民の小さな善意にシリアからの難民青年が救われるという物語で、2017度ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞した。

フィンランドの首都ヘルシンキ。内戦が激化するシリアから生き別れた妹を探しヘルシンキに流れ着いた青年カーリド。酒浸り妻と衣類セールスの仕事に愛想を尽かし、レストラン経営で人生の再スタートを夢見る地元の初老男性ヴィクストロム。ある日、難民申請が却下され、不法滞在者となりボロボロになったカーリドと出会ったヴィクストラムは、危険を承知で彼を雇い、妹探しに一役かうのだった…。心酔する小津安二郎監督を手本に簡潔なセリフ運びと昭和臭漂う映像描写。音楽にも拘りを感じる。

  • 監督:
    アキ・カウリスマキ
  • 出演:
    シェルワン・ハジ
    サカリ・クオスマネン
  • 配給:
    ユーロスペース

必ず日本を登場させるのも特徴だが、日本=スシの発想はいつもながら笑える。ユーモアとメランコリックの融合で「希望」の光を注ぐ、アキ・カウリスマ節は今回も冴えていた。

©)SPUTNIC OY, 2017