女の一生

Une Vie

  • 岩波ホールほか全国順次公開
  • 2016年 フランス映画 119分

女の一生

いつの世も変わらない「女の人生」

フランスの文豪モーパッサンの不朽の名作を再度映画化。親の薦める結婚をした男爵家の令嬢のいつの時代も変わらない「女の人生」が描かれる。17歳の乙女ジャンヌ。親の薦める子爵ジュリアンと結婚し、夢ふくらむ人生を歩き始めた途端、夫の不貞を目の当たりにする…。監督・脚本は「母の身終い」のステファンヌ・ブリゼ。19世紀ノルマンディー地方の美しい田園風景を再現し、詩的なリズムで格調高く展開する本作は、あたかも小説を読んでいるかのようなモーパッサンの世界が堪能できる。

  • 監督:
    ステファンヌ・ブリゼ
  • 出演:
    ジュディット・シュムラ
    ジャン=ピエール・ダルッサン
  • 配給:
    ドマ、ミモザフィルムズ

夫に尽くし、子供のために身を削る。結局「女の人生」は、誰かの為に生きることに「幸せ」を感じるものなのか。女の一生を演じきったジュディット・シュムラも素晴らしい。

©TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO)-AFFICHE NUITDECHINE