8年越しの花嫁 奇跡の実話

君が目覚めるまで、僕は待ち続ける…
試練を乗り越えた8年先にある 本当の幸せ

8年越しの花嫁 奇跡の実話

結婚直前に原因不明の病に倒れ意識不明になった花嫁と、奇跡を信じ8年間待ち続けた花婿との想像を絶する愛の物語。2015年2月、You Tubeに投稿された1本の動画「8年越しの結婚式」(岡山在住の中原尚志さん、麻衣さんご夫妻の実話)をもとに「64-ロクヨン-前編/後編」の瀬々敬久監督がエンターティメント性豊かに演出。愛の深さ、愛の辛さ、愛の喜びが誰の心にも届く感動作に仕上がった。W主演に佐藤健と土屋太鳳。単なるアイドル映画だと思い見過ごしたら絶対「損」をする一作だ!

結婚の約束をした幸せなカップル尚志と麻衣に突然訪れた悲劇。麻衣が原因不明の病にかかり、意識不明になってしまったのだ。いつ目覚めるかわからない彼女の回復を信じ、ひたすら待ち続ける尚志。月日がたち、ようやく目を覚ました麻衣。だが喜びも束の間、さらなる試練が二人を待ち受けていた…。揺るがず、ひたむきに彼女を想い続ける尚志。佐藤健の一途な演技に心打たれる。長い眠りから覚め、再び幸せを掴もうとする麻衣を土屋太鳳が「眠りの森の美女」さながらに可憐に演じ新境地を開いた。

  • 監督:
    瀬々敬久
  • 出演:
    佐藤健
    土屋太鳳
  • 配給:
    松竹

結婚式までの8年間。それは二人がより深い愛を育んだ8年間でもある。若い二人を傍で支える麻衣の両親。特に薬師丸ひろ子の温かな「母」の演技が強い印象を残している。

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会