TAP THE LAST SHOW

TAP THE LAST SHOW

ダンスとは生きること! 水谷豊初監督作品。

「相棒」の水谷豊が40年前から温めていた天才タップダンサーの企画を、自ら初メガホンをとり映画化したショービジネス感動ドラマ。 天才ダンサー渡は不慮の事故が原因で引退し、10数年を経た今は酒におぼれる毎日を送っていた。そんな渡の元に旧知の劇場支配人・毛利が訪れる。「最後のショーを演出してほしい」という相談を持ちかけられ、渋々依頼を引き受ける渡。 早速オーディションを行うと、さまざまな事情を抱えたダンサーたちが集まってくる。 若いダンサーの熱意から渡の止まっていた時間が動き出す・・・。

  • 監督:
    水谷 豊
  • 出演:
    水谷 豊
    北乃きい
  • 配給:
    東映

60歳を過ぎて監督に挑戦した水谷豊監督は、若い頃見た本場のブロードウェイの感動を再現すべくこだわりのタップの映像が心に響く。

©2017 TAP Film Partners.