いつまた、君と 何日君再来

  • TOHOシネマズ 新宿他にて全国ロードショー
  • 2017年 日本映画 114分

いつまた、君と 何日君再来

明るく逞しく生き抜いた家族の愛の物語

俳優・向井理の祖母・芦村朋子が半生を綴った手記「何日再来」を、向井自ら書き起こし自費出版。映画化に向け7年の歳月をかけ、企画し主演も果たした意欲作。戦前・戦後の混乱の時代。幾度の不運に見舞われながらも、妻として母として強く明るく生きた祖母と家族の愛の実話が描かれる。監督は「60歳のラブレター」の深川栄洋。戦後の“ごく普通の暮らし”の中から、夫婦にとっての“幸せな人生”を感動的に映し出した。若き頃の朋子役に尾野真千子。祖父(夫)役に向井理が演じる。

  • 監督:
    深川栄洋
  • 出演:
    尾野真千子
    向井理
  • 配給:
    ショウゲート

「何日君再来(ホーリージュンザイライ)」とは夫婦を繋ぐ曲のタイトル。日本での曲名は「いつの日君帰る」。「今宵別れたら、いつまた、君と逢えるだろう」という意味。

©2017「いつまた、君と 何日君再来」製作委員会