• 新宿武蔵館、有楽町スバル座ほか全国ロードショー
  • 2017年 日本映画 137分

愛のために、殺す!
光を見失った者たちの哀しき宿命

光

本屋大賞受賞作「舟を編む」の三浦しをんの原作を、「さよなら渓谷」「まほろ駅前」シリーズの大森立嗣監督が映画化した衝撃話題作。暑苦しく閉鎖的な美浜島という離島で、“ある罪”を共有し子供時代を過ごした三人の男女の、25年後の「苦悩」を描く人間ドラマ。逃れられない島の呪縛。光を求めながらも、「闇」の窮地から抜け出せない哀しき「宿命」。井浦新、瑛太、長谷川京子の狂気性のある演技は、人間の心の奥に溜まった「悪玉」が一気に噴き出たようで、観る者を震えさせる。

東京の離島、美浜島。その雄大さとは裏腹に信之少年と、同級生で恋人の美花、信之を兄のように慕い、父親から虐待を受けている輔は息苦しさを感じながら暮らしている。ある夜、美花が男に犯されているのを発見した信之は、とっさに男を殺してしまう。25年後、別々の人生を生きる三人に再び「過去の罪」が迫りくる…。良き家庭人でありながら「違う顔」を持つ信之。無邪気さと野獣さを孕ませる輔。過去を封印したミステリアスな女優、美花。貞淑を装う魔性の信之の妻。彼らの動向に興味は集中する。

  • 監督:
    大森立嗣
  • 出演:
    井浦 新
    瑛太
  • 配給:
    ファントム・フィルム

ジェフ・ミルズの独創的音楽が爆音のごとく鳴り響き、脳裏を刺激。愛のために身を削り、光を見失った信之。最後に照らされる「光」こそ、信之にとっての“守護神”となるのだ。

©三浦しをん/集英社・©2017「光」製作委員会