月と雷

  • テアトル新宿 テアトル梅田ほか全国ロードショー
  • 2017年 日本映画 120分

月と雷

平穏に流れる時間
私の人生を掻き乱さないで…

「八日目の蝉」「紙の月」など映画化が相次ぐ直木賞作家・角田光代の真骨頂と評される名作の映画化。「海を感じる時」の安藤尋監督が「普通の生活とは?」をキーワードに普通の人間関係を築けない不器用な人間たちを繊細かつ力強く演出した。幼少時の特殊な家庭環境から母の愛に飢え「普通の生活」に執着する若い女性泰子。ある日、まっとうな生活を送る泰子の前に、その原因を作った父の元愛人、直子とその息子の智が現れ、泰子の人生を再び掻き乱す…。初音映莉子、高良健吾主演。

  • 監督:
    安藤尋
  • 出演:
    初音映莉子
    高良健吾
  • 配給:
    スールキートス

普通の生活とは無縁。住処を転々とする自由奔放な義母直子役に草刈民代。容姿端麗、美のイメージの強い彼女が、場末の女を印象づける薄汚れた役に挑戦。新境地を開いた。

©2012角田光代/中央公論社 Ⓒ「月と雷」製作委員会