三度目の殺人

真実は藪の中
凶悪殺人者の三度目の裁き

三度目の殺人

「そして父になる」の是枝裕和監督4年ぶりの最新作。主流だったホームドラマから一転。以前より興味があった法廷劇を題材にしたドラマに着手。勝訴のことしか頭にない弁護士と不気味な容疑者との“真実”の探り合いが描かれるが、これは脚本執筆の際に出会った現役弁護士たちからの「法廷は真実を解明する場所ではない」という意外な言葉から発想を得たもの。よって熱血弁護士の成功物語というよりは、“真実は藪の中”というグレーな後味を残す、新しいタイプの法廷劇が生まれた。

殺人の前科がある三隅が、解雇された工場の社長を殺した容疑で起訴。犯行も自供し死刑もほぼ確実だったが、弁護士の重盛はなんとか無期懲役に持ち込もうと調査を進めるうちに、意外な真実が浮かび上がる…。真実よりも勝訴と割り切る弁護士の重盛が得体の知れない容疑者の三隅と接点をもつことで、初めて“真実”の壁にぶち当たることになる。積み重ねた嘘の中に本当に真実はあるのか?“正義”と“裁き”をキーワードに、いくつもの疑問を孕み人間の心の闇をじりじりと炙り出した。

  • 監督:
    是枝裕和
  • 出演:
    福山雅治
    役所広司
  • 配給:
    東宝 ギャガ

弁護士役に福山雅治。是枝組初参加の名優役所広司が凄みの容疑者役を演じる。二人の接見室でのやりとりにぐいぐい引き込まれる。鍵を握る被害者の娘は広瀬すずが演じる。

©2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ