ザ・スクエア 思いやりの聖域

THE SQUARE

  • ヒューマントラストシネマ有楽町 Bunkamuraル・シネマ 立川シネマシティほか全国順次ロードショー
  • 2017年 スウェーデン・ドイツ・フランス・デンマーク合作映画 151分

第70回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞!
そこは“平等”という名の「聖域」

「フレンチアルプスで起きたこと」の北欧の鬼才リューベン・オストルンド監督最新作。財布と携帯を盗まれた美術館敏腕キュレーターが起こす騒動と人間模様を描く。タイトルの「スクエア(四角形)」とは平等を意味し、“思いやりの心”が欠如し非人道的行為が蔓延るピラミッド型(格差)社会に苦言を呈しているようだ。

主人公はまさにピラミッド型の頂点にいる男。「平等」を主張し世間の信頼と尊敬を得ていたが、軽はずみな行為が仇となり、彼の人望は丸つぶれ。頂点から崩れ落ちていく過程が皮肉とユーモアで描かれる。

  • 監督:
    リューベン・オストルンド
  • 出演:
    クレス・バング
    エリザベス・モス
  • 配給:
    トランスフォーマー

鋭く深い観察力と想像力で人間の本性をスッパ抜く異色の世界観。この「聖域」に踏み込んだ瞬間、前作「フレンチアルプスで起きたこと」のような単純明快な話ではないことに気づくだろう。

©2017 Plattform Prodtion AB / Societe Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS