女は二度決断する

Aus dem Nichts

  • ヒューマントラストシネマ有楽町 新宿武蔵野館 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
  • 2017年 ドイツ映画 106分

癒えぬ悲しみ 燃え滾る怒り
ささやかな幸せを奪われた女性の決死の決断

女は二度決断する

ドイツ全土で実際に起こった在住外国人を狙ったネオナチによる連続殺人テロ事件「NSU事件」 をベースに、突然家族を奪われた女性の決死の復讐劇を描く、ドイツの名匠ファティ・アキン大注目の最新作。主演は本作で第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したダイアン・クルーガー。世界を股にかけ活躍するドイツ出身の女優が、初めて母国ドイツ語で挑んだ渾身の代表作であり、第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞ほか優秀な賞に輝く紛れもない傑作となった。

ネオナチによるテロ事件で、最愛の夫と幼い息子を同時に失った主人公女性カティア。容疑者は逮捕されたが、夫がトルコ系移民で前科者という過去もあり、裁判は納得のいかない結果となり、絶望感に苛まれた彼女はある決断を下すのだが…。容疑者逮捕から法廷劇へと物語は展開され、理不尽な裁判結果に憤りを感じた主人公が、“復讐”という決断を下すまでが描かれる。が、映画の本題は事件そのものを掘り返すのではなく、事件の根底にある「差別と偏見」が、いかに彼女を苦しめていくのか、その「悲痛な感情」を伝えていくのだ。

  • 監督:
    アンドレイ・ズビャギンツェフ
  • 出演:
    ファティ・アキン
    ダイアン・クルーガー
  • 配給:
    ビターズ・エンド

女性は一生のうち何度大きな決断を下さねばならない場面に遭遇するのか。主人公女性が下す最後の決断に衝撃が走りながらも、もし自分だったら…と考えると共鳴せずにはいられなかった。

©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH