パッドマン 5億人の女性を救った男

Padman

  • TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 インド映画 137分

ナプキンで世界に認められた男
彼は女性の涙を笑顔に変えた!

パッドマン 5億人の女性を救った男

女性の生理が「穢れ」とみなされている現代のインドで、“生理用品”の普及に力を注いだ男の実話に基づくヒューマン・ドラマ。モデルとなったのは、アルナーチャラム・ムルガナンダムという南インド出身の男性。愛する妻が生理の時に古布を使用していることを心配し、清潔で安全な5日間を過ごせるようと、ナプキン作りを思いついたことがきっかけだった。映画はネバーギブアップの精神でナプキン製造に没頭し、苦闘の末、ついに“パッドマン=ナプキン男”としてインド女性の自立に貢献していく様が脚色を交え描かれていく。

金も学歴もない田舎男。あるのは妻を想う純粋な気持ち。だが女性の生理は今だタブーとされていた2001年当時のインド。当然誰からも相手にされず、変人扱い。それでも諦めきれない彼は故郷を捨て、単身都会へと渡る。そこからは、まさに「プロジェクトX」か「下町ロケット」のような劇的な話へと展開していく。インドの人気俳優アクシャイ・クマール。インドの宇梶剛士か、ニコラス・ケイジかと思うルックスで、一途なパッドマンを演じ、全世界女性の共感を得る。ラスト間近、自流の英語で熱弁する演説シーンは感動的だ。

  • 監督:
    R.バールキ
  • 出演:
    アクシャイ・クマール
    ソーナム・カプール
  • 配給:
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 映画マーケティング部

パッドマンに関わる二人の対照的な女性も魅力的。歌と踊りも添えられ尺の長さも感じない、現代インドの驚きの実情も知ることができる、エンターティメント性抜群のお正月お勧めの一本。