葡萄畑に帰ろう

The Chair

  • 岩波ホールにてロードショー
  •  ジョージア(グルジア)映画 99分

葡萄畑に帰ろう

やっぱり、故郷が一番 心地よい“椅子”は、葡萄畑にある。

御年85歳、ジョージア映画界の巨匠エルダル・シェンゲラヤ監督が21年ぶりに完成させた貴重な作品。政界に席をおいていた自身の経験を基に描き上げた本作は、ジョージア人の魂を大らかに空想的に謳い上げた人生賛歌。監督のトンチの利いた演出から、朗らかなジョージア人の気質が垣間見られた。物語は、故郷の葡萄畑を捨て、政界の椅子に居心地の良さを感じていた男が権力争いに負け、挫折を味わい故郷の良さを再認識。家族と共に身の丈に合った生活を取り戻していくまでを辛口ベースのユーモアで描かれる。

  • 監督:
    エルダル・シェンゲラヤ
  • 出演:
    ニカ・タヴァゼ
    ニネリ・チャンクヴェタゼ
  • 配給:
    クレストインターナショナル、ムヴィオラ

もう一人の主役は、何といっても大臣までに出世した男が有頂天気分で座る“椅子”。「ジャガー」と書かれているのも、いかにも成功者の象徴のようだが、監督の遊び心を感じた。