ロープ 戦場の生命線

A Perfect Day

ロープ 戦場の生命線

死体引き上げに必要なのは“ロープ”
国際援助活動家が見た戦争の現実とは!?

停戦直後のバルカン半島のとある村で、生活用水の井戸に死体が投げ込まれ、撤去のため国際活動家「国境なき水と衛生管理団」が現地に派遣される。しかし死体を引き上げ作業中ロープが切れてしまい、代わりのロープを求め、武装集団や地雷の恐怖にさらされる危険地帯へと足を踏み入れることに・・・。 ジャンルは戦争映画になるが、ここには英雄は存在しない。この映画で描かれているのは戦場の中で暮らす人々の生活だ。笑いもあり、貧困の現実もある。

  • 監督:
    フェルナンド・レオン・デ・アラノア
  • 出演:
    ベニチオ・デル・トロ
    ティム・ロビンス
  • 配給:
    レスペ

戦争に巻き込まれた人々の“それでも生きていく”姿に力強さが伝わる。道の真ん中に牛の死体が置かれ、地雷を避けてどこを通るかで困惑する国際援助活動家の姿は笑ってしまう。

©2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCION S.L.U.