2018年1月号

※右端をクリックすると次のページに移動します。

キングスマン:ゴールデン・サークル

Kingsman: The Golden Circle

  • 東京・TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
  • 2017年 アメリカ映画 140分

キングスマン:ゴールデン・サークル

イギリス発のスパイはマナーが大事!?

超大ヒットを記録した「キングスマン」の続編。前作で一流のキングスマンになったエグジーが大活躍する。 イギリスの伝統的なスパイ機関キングスマンの拠点を謎の組織ゴールデン・サークルが攻撃し、組織は壊滅的ダメージを負ってしまう。残されたのは一流エージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンのみ。同盟関係のアメリカのスパイ機関ステイツマンに協力を求めるが、紳士のキングスマンと自由なヤンキー気質のステイツマンとでは水と油で関係は複雑に・・・。

  • 監督:
    マシュー・ボーン
  • 出演:
    タロン・エガートン
    ジュリアン・ムーア
  • 配給:
    20世紀FOX

エルトン・ジョンの特別出演のほかジュリアン・ムーア、ハル・ベリー、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジスら豪華俳優陣が脇を固め、どのシーンも楽しめます。

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジオストーム

Geostorm

ジオストーム

地球同時多発災害が人類を滅ぼす!?

世界同時多発災害“ジオストーム”の暴走が地球を襲う災害アクション。 世界の度重なる自然災害を食い止めるため、天候を操れる気象コントロール衛星を開発し宇宙ステーションで管理を始めて2年。突然、宇宙ステーションがウイルス感染したことで、衛星が暴走し世界各地で異常気象を引き起こす。この地球壊滅災害“ジオストーム”を防ぐため、開発者ジェイクが原因究明の乗り出す・・・。

  • 監督:
    ディーン・デブリン
  • 出演:
    ジェラルド・バトラー
    アンディ・ガルシア
  • 配給:
    ワーナー・ブラザース映画

起こるはずのない地域での竜巻、津波、寒波、熱波が地球を襲うシーンはリアルで、昨今の異常気象からも実際に開発されそうな未来だけに恐怖を感じる。 ハリウッド映画特有の展開に新しさはないが、スケール感を映像化出来るメジャーならではスゴさを楽しめる。

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ダークタワー

The Dark Tower

世界が崩壊する!?
キングのライフワーク作品が遂に映像化!!

ダークタワー

スティーブン・キングが30年もの歳月をかけた「ダークタワー」シリーズの映画化。 原作自体はキングが学生時代に指輪物語と夕陽のガンマンの影響を受け、着想しており全7部のライフワーク作品となった。 ニューヨークに住む少年ジェイクはいつもみる不思議な夢に悩んでいた。その夢は荒廃した異世界で、世界の支柱である「タワー」を巡り、タワーを守る拳銃使いローランドと世界の崩壊をもくろむ黒衣の男ウォルターが壮絶な戦いを繰り広げていた。

ある日夢が現実に存在することに気づいたジェイクは異世界に入り込んでしまう・・・。 スティーブン・キングの数々名作は、子供時代の孤独と空想から成っている。主人公のクセも“人と違う”“秘めた力を持っている”それに時々“過去に何かがある”。この3つのキーワードのうち2つが「ダークタワー」に当てはまるが、ライフワークの映像化はじつに無駄のない構成と演出で飽きさせない。

  • 監督:
    ニコライ・アーセル
  • 出演:
    イドリス・エルバ
    マシュー・マコノヒー
  • 配給:
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

アクションシーン満載のダークファンタジーは独自の世界観が出来上がっている。原作ファンでなくても楽しめるが、この作品だけでは不満足なエンディングに思える。

劇場版マジンガーZ INFINITY

神か、悪魔か?巨大魔神降臨!!

劇場版マジンガーZ INFINITY

搭乗型巨大ロボットの元祖アニメ「マジンガーZ」が30年以上の時を経て劇場アニメ化。永井豪が考案した“乗り込み型ロボット”というアイデアはそれ以降のロボットアニメに影響を与え、漫画、TVに玩具などと連動するメデイアミックス方式を生み出している。

世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルにより人類滅亡の危機に瀕した人類を救ったのはマジンガーZだった。そして、その戦いから10年・・・。科学者となっていた兜甲児は、富士山地中に埋まっている超巨大遺跡インフィニティを発見する。それと同調するかのように謎の復活を遂げたDr.ヘル。 彼の新たなる野望はインフィニティを使い世界征服をすることだった。人類の危機に伝説のパイロットがマジンガーZと共に甦る・・・。

  • 監督:
    志水淳児
  • 出演:
    森久保 祥太郎
    茅野愛衣
  • 配給:
    東映

1972年誕生以降「マジンガーZ」人気は海を渡り、スペインで視聴率70%超、フランスでは同シリーズの「グレンダイザー」が視聴率100%を記録、今も尚、愛されている。

©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

嘘八百

嘘八百

狙え一攫千金!利休が明日を持っている!

「百円の恋」の監督・武正晴と、脚本・足立紳が再タッグを組んだお宝コメディ。原作モノが多い昨今、オリジナルストーリーにこだわった監督の意気込みが感じられる。 旧家の蔵を巡り掘り出し物を探す古物商則夫は、陶芸家佐輔と利休の茶器を通じて最悪の出会いする。しかし落ち目同士意気投合し蔵から発見した“幻の利休の茶器”を利用して、老舗の古物商、大御所鑑定士、文化庁を巻き込んだ茶器の騙し合いが始まる・・・。

  • 監督:
    武 正晴
  • 出演:
    中井貴一
    佐々木蔵之介
  • 配給:
    GAGA

人生の巻き返しのため必死にもがく姿は実に滑稽で、監督の人間描写は見事。主演の二人を中井貴一、佐々木蔵之介の軽快なやり取りが映画を盛り上げる。骨董品に興味がなくても欲まみれの人間の姿の駆け引きだけでも楽しめる。

©2018「嘘八百」製作委員会

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

Gauguin Voyage de Tahiti

  • Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテほか全国順次ロードショー
  • 2017年 フランス映画 102分

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

ゴーギャン、愛欲と芸術の楽園生活

19世紀を代表する画家ゴーギャンの生誕170周年記念作品。異国情緒と神秘性をもった異才としても有名だが、作品スタイルを決定づけたのが、タヒチ滞在での楽園生活と言われている。妻子と別れ単身タヒチへと旅立ったゴーギャンが、現地女性テフラと出会い、恋におち、彼女をモデルに芸術活動に打ち込んだ。本作はゴーギャン自ら執筆した「ノア・ノア」という紀行エッセイをベースに、狂気と愛欲が入り混じったゴーギャンとテフラのタヒチでの愛の日々が描かれる。

  • 監督:
    エドゥアルド・デルック
  • 出演:
    ヴァンサン・カッセル
    マリック・ジティ
  • 配給:
    プレシディオ

黒髪のエキゾチックな女性テフラをモデルに創作威力を発揮するゴーギャン。その傑作集の誕生シーンも見どころ。野蛮で情熱的な実在の偉人をヴァンサン・カッセルが怪演した。

© MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

ジャコメッティ 最後の肖像

Final Portrait

  • TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 イギリス映画 90分

ジャコメッティ 最後の肖像

1日の約束… 進まない肖像画 迷宮のアトリエ 芸術は爆発だ!

彫刻家、画家、素描家、版画家のアルベルト・ジャコメッティの素顔と、最後の肖像画完成に至るまでのモデルとの18日間に渡る心理戦を、モノトーン調の色彩としゃれた音楽で描くアーティスティックなドラマ。肖像画のモデルで美術評論家ジェイムズ・ロードの回顧録「ジャコメッティの肖像」を「プラダを着た悪魔」の名脇役スタンリー・トゥッチが脚色・監督した。完璧主義のジャコメッティ。描いては消すを繰り返し、一向に肖像画は進まない。いつになったら完成するのやら…。

  • 監督:
    スタンリー・トゥッチ
  • 出演:
    ジェフリー・ラッシュ
    アーミー・ハマー
  • 配給:
    キノフィルムズ/木下グループ

「シャイン」のオスカー俳優ジェフリー・ラッシュが、特殊メイクとダボダボの衣装で複雑な天才画家ジャコメッティの人物像に迫り、“芸術に終わりはない”ことを軽妙に諭した。

©Final Portrait Commissioning Limited 2016

べロニカとの記憶

The Sense of an Ending

  • シネスイッチ銀座 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
  • 2015年 イギリス映画 108分

べロニカとの記憶

揺らぐ記憶 不完全な記憶が繋がったとき、初恋の真実が浮かび上がる…

平穏な生活を送る60歳を過ぎた主人公男性トニーが、学生時代の初恋の相手べロニカの母親から奇妙な遺品(若くして自殺したトニーの親友エイドリアンの日記)の受取人に指定されたことをきっかけに、忘れていた過去の記憶を辿る物語。原作はブッカー賞に輝いたジュリアン・バーンズの小説「終わりの感覚」(新潮社)。「めぐり逢わせのお弁当」のインド人監督リテーシュ・バトラが映画オリジナルを加え、日記が呼び覚ます「謎」と、初恋に纏わる「過去の真実」をミステリー仕立てに演出した。

  • 監督:
    リテーシュ・バトラ
  • 出演:
    ジム・ブロードベント
    シャーロット・ランプリング
  • 配給:
    ロングライド

二大名優の共演。ジム・ブロードベントが女心に鈍感な憎めないキャラクターを軽妙に演じる傍ら、シャーロット・ランプリングも初恋の女性ベロニカをミステリアスに演じた。

©2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

ロング、ロングバケーション

THE LEISURE SEEKER

  • TOHOシネマズ 日本橋ほか全国順次ロードショー
  • 2016年 イタリア・フランス映画 112分

ロング、ロングバケーション

どこまでも二人で…

50年間連れ添った70代夫婦(アルツハイマーの夫ジョンと末期がんの妻エラ)が、愛車のキャンピングカー「レジャーシーカー」に乗り憧れのヘミングウェイの故郷キーウェストを目指し旅をする中で、夫婦の歴史を振り返り、再び絆を確かめ合い、残りの人生を謳歌する姿をユーモラスに描く感動のロード・ムービー。監督は「歓びのトスカーナ」の名匠パオロ・ヴィルズィ。喜劇と悲劇を巧みに操る人間ドラマの名手が手がける老夫婦の“最期の決断の旅”は、潔くもやるせない人生の縮図を感じた。

  • 監督:
    パオロ・ヴィルズィ
  • 出演:
    ヘレン・ミレン
    ドナルド・サザーランド
  • 配給:
    ギャガ

人生のフィナーレは誰と迎えたいと思うのか?ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド。名優二人が演じる老夫婦の行く末に“自分たちの未来”を重ね合わせる夫婦も多いだろう。

© 2017 Indiana Production S.P.A.

デトロイト

Detroit

一発の銃声がすべてを変えた・・・!
戦慄の一夜の全貌が明らかになる!!

デトロイト

1967年のデトロイト暴動の裏で実際に起こった、ある出来事を「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が映画化。 1967年夏のデトロイト。暴動2日目の夜、アルジェ・モーテルで起きた一発の銃声に、デトロイト警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が結集し、アルジェ・モーテルの宿泊客に対し強引な捜索が始まる。

数人の警察官が捜査手順を無視し、誰かれ構わず脅迫的な尋問で自白を強制し始める・・・。 目を逸らしてはいけない、事実なのだから誰かが明らかにしなければいけない。そんな難しい事件をリアルに再現している監督のこだわりが熱い。しかしこの臨場感いっぱいの映像からは人種差別や警察権力で暴力を振るう正義の無い姿しか入ってこない。

  • 監督:
    キャスリン・ビグロー
  • 出演:
    ジョン・ボヤーガ
    ウィル・ポールター
  • 配給:
    ロングライド

©2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

殺人者の記憶法

Memoir of a Murderer

殺人者の記憶法

殺人者がやってくる!?本当の事実はどこにある?

アルツハイマーのために記憶があいまいな元連続殺人犯と新たな連続殺人犯との対決を描いたミステリーサスペンス。 過去に連続殺人を犯した獣医のビョンスは、アルツハイマー病に侵され、記憶がはっきりせず、毎日の出来事をこまめに録音し、繰り返し聴くことで記憶を維持していた。自動車事故で遭遇した相手テジュに自分と同じ殺人者の気配を感じとる。そしてテジュが娘と付き合っている事実を知りビョンスは・・・。役柄に合わせて、痩せたり太ったりする名優ソル・ギョング。

  • 監督:
    ウォン・ソニョン
  • 出演:
    ソル・ギョング
    キム・ナムギル
  • 配給:
    ファインフィルムズ

「力道山」では鍛えまくって体重を増やし、今回の役では10Kg以上減量に挑み老け役を熱演。薄れゆく記憶と思い出される記憶の描写にどれが事実なのか夢なの微妙な映像に困惑することだろう。ラストも事実が掴めず観客に想像させる終わりに謎が残る。

©2017 SHOWBOX AND W-PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

ジュピターズ・ムーン

Jupiter holdja

  • 新宿バトル9ほか全国ロードショー
  • 2017年 ドイツ・ハンガリー映画 128分

ジュピターズ・ムーン

カンヌが熱狂して愛したSFエンターテイメント

カンヌの審査員長のウィル・スミスが絶賛!受賞を逃した時には「民主主義って最低だね」と発言し話題となった本作。 医療ミスで訴訟中の医師シュテルンは、難民キャンプでの違法行為で賠償金を稼ぎ、告訴の取り下げを目論んでいた。そこへ重傷を負ったアリアンが運ばれてくる。治療中に彼の特殊な能力に気づいたシュテルンは、金儲けに使えるとキャンプから連れ出すが、彼を追う国境警備隊が迫る・・・。

  • 監督:
    コーネル・ムンドルッツォ
  • 出演:
    メラーブ・ニニッゼ
    ゾンボル・ヤェーゲル
  • 配給:
    クロックワークス

「現代のSF映画として製作した」と監督はいうが、凄い兵器が出るわけでも、宇宙人が登場することもない。ただ宙に浮く難民の青年を巡っての逃走劇。しかし最大の魅力は空中遊泳が綺麗なこと。どんな危機的なシチュエーションであろうと目を奪われてしまう。

©Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM

ルイの9番目の人生

THE  NINTH  LIFE  OF  LOUIS DRAX

  • 新宿ピカデリー ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
  • 2015年 カナダ・イギリス映画 108分

ルイの9番目の人生

9年目の真実 「悪夢」から目覚めたとき、すべてが明かされる・・・

わずか9歳で9度も死にかけた少年の不運な人生に隠された「秘密と真実」を描く心理サスペンス。幾度となく生死を彷徨ってきたルイ。9歳の誕生日。またしても崖から転落。奇跡的に命は取り留めたが昏睡状態に。さらに父親も行方不明。ルイの身近な人たちが次々と不可解な事件に巻き込まれるのは何故か?すべては昏睡状態にいるルイの「悪夢」の中に答えが隠されている…。精神世界という神秘的な領域に踏み込みつつ「眠れる美少年」をイメージするファンタジックな映像に興味はそそられる。

  • 監督:
    アレックサンドル・アジャ
  • 出演:
    ジェイミー・ドーナン
    サラ・ガドン
  • 配給:
    松竹

美少年エイダン・ロングワーズの大人びた演技も、セクシー俳優ジェイミー・ドーナンの純朴な医師も良いが、男心を惑わすサラ・ガドンの「美しすぎる母」が脳裏に焼きついた。

©2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

はじめてのおもてなし

Willkommen bei den Hartmanns

  • シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
  • 2016年 ドイツ映画 116分

はじめてのおもてなし

ワケあり家族が「おもてなし」に大奮闘!
笑って泣けるドイツ発ハートフル・コメディ

難民を迎い入れた家族の再生の物語。ミュンヘンの閑静な住宅街に暮らすワケあり家族ハートマン一家。「難民を迎い入れるわ」と言った母親の一言が予期せぬ旋風を巻き起こす…。ナイジェリアから一人やってきた青年。「おもてなし」をするはずが、逆に青年の「思いやりの心」に触れ、何かが欠如していた家族のバラバラだった心が一つになっていく。移民問題に積極的に取り組むドイツらしいテーマを掲げ、家族の在り方、人生の豊かさを温かな目線で描き、ドイツNO.1の大ヒットを記録した。

  • 監督:
    サイモン・バーホーベン
  • 出演:
    センタ・バーガー
    ハイナー・ローターバッハ
  • 配給:
    セテラ・インターショナル

反対デモ、テロ騒動、家族内のいざこざ等、多少ドタバタ感はあるものの、最後にはホッコリ!ドイツ・アカデミー賞観客賞受賞作品。

©2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES

ライオンは今夜死ぬ

Le lion est mort ce soir

  • YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー!
  • 2017年 フランス・日本映画 103分

ライオンは今夜死ぬ

ヌーヴェルヴァーグの申し子×諏訪監督×子供たち 奇跡のコラボが実現!!

西洋的感性をもち世界で活躍する諏訪敦彦監督の「ユキとニナ」以来、8年ぶりとなる日仏合作作品。過去に囚われ、「死」を演じられない老俳優が、かつて愛した女性の「幻影」と再会し、未来を担う子供たちの映画製作に携わることで、生きる歓びと演じる活力を見出していくまでが、南仏の美しい映像と共に描かれる。主演は「大人は判ってくれない」で鮮烈なデビューを飾った申し子、ジャン=ピール・レオー。映画人生の集大成というべき圧巻の演技で「生と死」を演じ上げた。

  • 監督:
    諏訪敦彦
  • 出演:
    ジャン=ピエール・レオー
    ポリーヌ・エチエンヌ
  • 配給:
    ビターズ・エンド

名俳優の熟練の演技と、演技経験ゼロの子供たちの素の演技のコラボは、諏訪監督が力を注ぐ「こども映画教室」での「映画製作ワークショップ」の光景を見ているようだった。

©2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BALTHAZAR-BITTERS END

5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~

Mein Blind Date mit dem Leben

  • 新宿ピカデリー 角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
  • 2017年 ドイツ映画 111分

「嘘」のような本当の話
ぼやけた先に はっきり見える「大切なもの」

5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~

先天性の目の病気で95%の視覚を失った青年が、5つ星ホテルで働きたいという夢を叶える「嘘」奮闘記。「白バラの祈り ゾフィー・ショール、最期の日々」のマルク・ローテムント監督が、夢・挫折・努力・友情・愛が一杯に詰まったこの奇跡の実話をエンターテイメント性豊かに演出。人生にとっての大切なこと、人生の素晴らしさを謳ったハートフルな作品を創り上げた。視界がぼやけた主人公青年の目線に立った映像描写はとてもリアルで、障がいをもった者の心情が痛切に伝わってきた。

「5つ星ホテル」で働きたいという夢を叶えるため、目が見えないことを隠し、一流ホテルの研修生となったサリー。頭も良く努力家で明るい性格の彼は、仲間の助けを借りながら、研修課題を次々とクリアしていく。だがラウラという女性との出会いや、父親の失踪など予期せぬ出来事により、順調だったサリーの「嘘」が壊れ始めていく…。95%の視力を失った青年が夢を手に入れるサクセス・ストーリーだが、そこに至るまでの涙ぐましい努力と周囲の人々の善意に共感と感動が押し寄せるのだ。

  • 監督:
    マルク・ローテムント
  • 出演:
    コスティア・ウルマン
    ヤコブ・マッチェンツ
  • 配給:
    キノフィルムズ/木下グループ

主演のコスティア・ウルマンは、ドイツ人の父とインド人の母をもつドイツの俳優。甘い顔立ちにエスニックな香りをかぐわせる超イケメンで役柄にもぴったり。今後も注目だ!

© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH