べロニカとの記憶

The Sense of an Ending

  • シネスイッチ銀座 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
  • 2015年 イギリス映画 108分

べロニカとの記憶

揺らぐ記憶 不完全な記憶が繋がったとき、初恋の真実が浮かび上がる…

平穏な生活を送る60歳を過ぎた主人公男性トニーが、学生時代の初恋の相手べロニカの母親から奇妙な遺品(若くして自殺したトニーの親友エイドリアンの日記)の受取人に指定されたことをきっかけに、忘れていた過去の記憶を辿る物語。原作はブッカー賞に輝いたジュリアン・バーンズの小説「終わりの感覚」(新潮社)。「めぐり逢わせのお弁当」のインド人監督リテーシュ・バトラが映画オリジナルを加え、日記が呼び覚ます「謎」と、初恋に纏わる「過去の真実」をミステリー仕立てに演出した。

  • 監督:
    リテーシュ・バトラ
  • 出演:
    ジム・ブロードベント
    シャーロット・ランプリング
  • 配給:
    ロングライド

二大名優の共演。ジム・ブロードベントが女心に鈍感な憎めないキャラクターを軽妙に演じる傍ら、シャーロット・ランプリングも初恋の女性ベロニカをミステリアスに演じた。

©2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC