空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

池井戸潤の人気ベストセラー小説の映画化。これまで「半沢直樹」「下町ロケット」などテレビドラマで大ヒットをさせてきたが、作者原作の映画化はこれが初めて。 ある日トラックの脱輪事故がもとで1人の主婦が亡くなる。事故を起こした運送会社社長・赤松徳郎は、警察発表の整備不備の検査結果に不信を抱き、トラックの製造元ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田に再調査のため連絡を取ろうとするが・・・。 実際にあった大手自動車会社のリコール隠しが頭をよぎる。日本の社会は大手だから安心と思ってしまう傾向があるが、真実を追求し、巨大な敵へ勇敢に立ち向かう送会社社長・赤松徳郎の姿に応援と共感をした。

  • 監督:
    本木克英
  • 出演:
    長瀬智也
    ディーン・フジオカ
  • 配給:
    松竹

子供時代、親から人様に後ろめたいことを決してするなと言われた言葉を思い出す。赤松が言う「正義はわれに有り」、社会ではままならない事が多いが気持ちよく見れる映画である。

©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会