北の桜守

思い出してはいけない!衝撃の記憶とは?!

女優・吉永小百合の120作目となる映画出演記念作品。構想7年、北海道縦断ロケを敢行した滝田監督は、戦中・戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜く母と子の約30年にわたる軌跡を丁寧に描き出した滝田監督の渾身の演出は必見。

1945年樺太。ソ連軍の侵攻で息子2人を連れて逃げた江蓮(えづれ)てつは北海道の網走にたどり着く。戦後の過酷な貧しい環境の中、てつは息子を必死に育て上げる。1971年、てつの次男・修二郎はアメリカでビジネスに成功を収め、15年ぶりに網走に凱旋するが、今もひとりで戦争に行った夫を待つ母てつの年老いた姿に、札幌で一緒に暮らすことを決める修二郎だったが、母てつは戦禍により大事な記憶を失っていたのだった・・・。

  • 監督:
    滝田 洋二郎
  • 出演:
    吉永 小百合
    堺 雅人
  • 配給:
    東映

主人公てつの心情を劇中では、舞台の映像で表現する斬新な舞台演出にはケラリーノ・サンドロヴィッチが担当。

©2018「北の桜守」製作委員会