シェイプ・オブ・ウォーター

The Shape of Water

  • TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 アメリカ映画 124分

奇才ギレルモ・デル・トロが描く 種族も言葉も超えた“究極の愛

「パンズ・ラビリンス」の奇才ギレルモ・デル・トロ話題の最新作。声を失くした幸薄い女性と、人間でも動物でも神でもない特殊な生きものが恋におちる異色のラブ・ファンタジー。
1962年、冷戦下のアメリカを舞台に、奇妙な生きものを巡り国家暗躍に火花を散らす男たちのサスペンスフルなドラマと、種族を超え愛しあう男女の切なくロマンチックなドラマが融合。特にハリウッド黄金期時代の甘くとろける楽曲に乗り“彼”と“彼女”の純愛ストーリーが「美女と野獣」のごとくミュージカル調に展開される下りに興味はそそられる。

1階が映画館という変わったアパートで一人暮らしをするイライザ。言葉を発することが出来ない彼女は、アメリカ政府の機密機関「航空宇宙研究センター」で清掃員として働いている。ある日センターに不思議な生きものが運び込まれ、“彼”の神々しい存在に惹かれたイライザ。いつしか2人の間に種族を超えた“愛”が芽生えはじめるが…。奇妙な生きものの存在を巡り、何故、アメリカとソ連が火花を散らすのか。それは冷戦下という時代背景がキーポイントになっているが、愛を知った女性の力強さが本作では重要視されている。

  • 監督:
    ギレルモ・デル・トロ
  • 出演:
    サリー・ホーキンス
    マイケル・シャノン
  • 配給:
    20世紀フォックス映画

手話とダンスと表情だけで演じきったサリー・ホーキンス。一生に一度の当たり役に巡りあった。奇妙な生きものに執拗に執着するマイケル・シャノンの悪の強い演技も強烈に印象に残った。

©2017 Twentieth Century Fox