ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

The Post

アメリカ政府が浸隠すベトナム戦争の真実を暴き、報道の自由を守るため、アメリカ政府と戦った新聞社の姿を描いた社会派ドラマ。

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し先が見えない状況の中、ベトナム戦争を分析し現状を記録した国防省の報告書“最高機密文書”が流出する。しかし政府は存在を否定し、スクープしたニューヨークタイムズを訴え規制を謀る。ライバル紙のワシントン・ポストも同じ情報を入手し、編集主幹のベン・ブラッドリーは掲載に向け動き出す。掲載か、見送りか?最後判断は社主のキャサリン・グラハムに委ねられる・・・。

  • 監督:
    スティーブン・スピルバーグ
  • 出演:
    メリル・ストリープ
    トム・ハンクス
  • 配給:
    東宝東和

スピルバーグ監督が「今、撮らなければいけない」と最優先してメガホンを取った作品は、現在のアメリカ政府の姿に対して、国民に発したメッセージのようだ。都合の悪い報道に対しては規制をして抑えにかかる政府に、報道の自由の重要性を説い戦う姿は素晴らしい。この事実からウォーターゲート事件につながるだけに感慨深い映画である。

©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC