日日是好日

  • シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
  • 2018年 日本映画 100分

生きることに息づまったら お茶を飲みにいらっしゃい!
お茶が教えてくれる 日日の暮らしのありがたさ

日日是好日

お茶の魅力に惹かれ、今でも茶道教室に通い続けている原作者森下典子の自伝エッセイを、「さよなら渓谷」の大森立嗣監督が映画化。茶道の世界とはまったく無縁な大森監督だが、原作を読んでいたく感動しただけあり、しとやかで、格があり、思わず“結構なお手前でした”と発したくなる良作を完成させた。ひょんなことから茶道教室に通い始めた女性の二十四年間に渡る成長の物語を、お茶の魅力と共にユーモラスに綴ったヒューマン・ドラマで、常識からお作法に至る茶道の心得を楽しく習得できる史上初、本格派お茶の映画である。

母に勧められ、家の近所の茶道教室に従姉妹の美智子と通い始めた典子。近所でも有名な“ただものじゃない”武田先生のもとで、季節ごとに変わるお茶の作法をじっくり、時間をかけて、頭ではなく体で覚えていく。お茶を始めて二十四年、その間に就職に失敗し、失恋も経験。それでもお茶は典子にそっと寄り添いながら、人生の素晴らしさを伝えていく。黒木華、田部未華子扮する現代っ娘と、樹木希林演じる武田先生。まさに先生と生徒の間柄に近い三人の女優が織りなすお茶の世界のあれこれは、笑いと癒しで心が満たされた。

  • 監督:
    大森立嗣
  • 出演:
    黒木華
    樹木希林
  • 配給:
    東京テアトル ヨアケ

お茶を習う事で鍛えられる五感を研ぎ澄まし、日日の暮らしを見つめると、昨日とは違う何かが見えてくる。変化のない日日もまた幸せの証拠。「日日是好日」にはそんな意味があった。

©2018「日日是好日」製作委員会