雪の華

百万円から始まった“期間限定の恋”
オーロラの下 白い恋人たちの恋物語

雪の華

中島美嘉の大ヒット曲「雪の華」から生まれた珠玉のラブ・ストーリー。余命宣告を受けた女性と、ガラス工芸家を目指す男性の“期間限定の恋”を描く。一言で言えば「難病もの」で、期待を裏切らない100%王道的ストーリーが展開するが、主演の中条あやみと登坂広臣がとても魅力的でつい惹きこまれてしまう。特に中条あやみの可愛さ、いじらしさ、そして華々しいスター・オーラの眩しさに心奪われる。これこそが主演女優。綾瀬はるか以来の同性からも好かれる女優の登場と言えるだろう。

幼い頃から難病を抱え、夢を見ることを諦めていた女性・美雪。余命宣告を受けた日、ひったくりにあった美雪を助けてくれたのは、妹弟の面倒をみながらガラス工芸家を目指す悠輔というワイルド系男性だった。悠輔から「声」だして言わなければ何も伝わらないと教えられた美雪は、一生分の勇気を振り絞り、百万円を渡す代わりに期間限定の恋人になってくれるように頼むのだった…。本編の1/2を北欧フィンランドで撮影。爽やかな夏と、オーロラと雪景色のロマンチックな冬の景観も併せて楽しめる。

  • 監督:
    橋本光二朗
  • 出演:
    登坂広臣
    中条あやみ
  • 配給:
    ワーナー・ブラザース映画

中島美嘉の「雪の華」と、脚本家岡田惠和がイメージするオリジナル・ストーリー「雪の華」が、エンディングでシンクロし余韻を残す。人を好きになることの本意を示唆する作品だ。

Ⓒ2019「雪の華」製作委員会