2019年1月号

※右端をクリックすると次のページに移動します。

クリード 炎の宿敵

Creed Ⅱ

クリード 炎の宿敵

親子二代の因縁の対決!!

「ロッキー」シリーズの流れを汲む「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 」で、アポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子とチャンプとなったアポロの息子アドニスとの時を越えた因縁の対決を描く。劇中、ロッキー役のスタローンもトレーナー役で引き続き登場するが「ロッキー4」で対決したイワン・ドラコ役のドルフ・ラングレンも父親役で登場する。スタローンは原案や脚本も担当し、タイトルは違えど“ロッキー”感満載の壮絶なヘビー級バトルシーンは必見である。

  • 監督:
    スティーブン・ケイブル・JR
  • 出演:
    マイケル・B・ジョーダン
    シルバスター・スタローン
  • 配給:
    ワーナー・ブラザース映画

父親になるアドニスの複雑な心境と父の偉大さ、ボクサーとして戦う怖さなど、成長していく姿が印象的だ。ロッキー自体も親子のわだかまりが溶け、一歩踏み出すエンディングに涙。

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ナチス第三の男

The Man with the Iron Heart

  • tohoシネマズシャンテほか全国順次公開
  • 2017年 イギリス・フランス・ベルギー映画 120分

ナチス第三の男

ヒトラーでもヒムラーでもなく、第三の男が ホロコーストを計画した・・・!!

世界的なベストセラー、ローラン・ビネの「HHhH (プラハ、1942年)」を映画化。日本ではあまり知られていないが、ナチス親衛隊の高官で「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」と恐れられたラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人を迫害したホロコーストの原案者だ。もし彼の暗殺が完璧だったなら、ホロコーストの原案はヒムラーに渡らず歴史が変わったことだろう。彼を暗殺したふたりの青年の出会いから、戦争に巻き込まれ最後の時までを細かく情緒的に描いた心理描写は見事。

  • 監督:
    セドリック・ヒメネス
  • 出演:
    ジェイソン・クラーク
    ロザムンド・バイク
  • 配給:
    アスミック・エース

ノンフィクション的手法を用いた映像は時代背景にあるナチスとレジスタンスの攻防を鮮明に表現している。

©LEGENDE FILMS - RED CROW N PRODUCTIONS ‒ MARS FILMS ‒ FRANCE 2 CINEMA ‒ CARMEL ‒ C2M PRODUCTIONS ‒ HHHH LIMITED ‒ NEXUS FACTORY ‒ BNP PARIBAS FORTIS FILM FINANCE

ヴィクトリア女王 最期の秘密

Victoria&Abdul

  • Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
  • 2017年 アメリカ=イギリス映画 112分

ヴィクトリア女王 最期の秘密

ヴィクトリア女王 生誕200周年
孤独な女王の心を開かせた 身分違いの“絆”

ヴィクトリア女王が、晩年、唯一心を許したインド人従者との深い交流を描いたほぼ史実に近い物語。私利私欲が渦巻く王室内で、純粋に女王を慕い仕えたインド人従者。若くてハンサムなアブドゥルから学ぶ異国の言葉や文化はとても新鮮に映り、いつしか二人の間に強い信頼の絆が結ばれていくが…。英国女優界のヴィクトリア女王、ジュディ・デンチが、まさにイメージ通りの威厳のある女王を愛らしく演じた。

  • 監督:
    スティーヴン・フリアーズ
  • 出演:
    ジュディ・デンチ
    アリ・ファザル
  • 配給:
    ビターズ・エンド、パルコ

英国王室を描いたら右に出る者はいない「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督。ユーモラスな演出は好印象。特に女王と従者との“秘密のやりとり”は微笑ましく可愛かった。

©2018 Focus Features. A Comcast Company

天才作家の妻―40年目の真実―

THE WIFE

  • 新宿ピカデリー 角川シネマ有楽町 YEBISU GADEN CINEMAほか全国公開
  • 2017年 スウェーデン・アメリカ・イギリス映画 101分

天才作家の妻―40年目の真実―

“愛”が嫉妬に変わる…天才作家の妻だけが知る 夫の真実 

偉大な作家と、彼を慎ましく支えてきた妻。「光」と「影」の役割で40年間連れ添ってきた夫婦の関係は、夫がノーベル文学賞という作家人生最高の名誉を手にした夜、激しく崩れ始める…。自らも作家志望でありながらも、夫のために天才作家の妻を演じてきた妻。夫に浮かび上がった“疑惑”に、溜め込んでいた複雑な感情がついに爆発する。映画は特別な絆で結ばれた熟年夫婦の危機をスリリングに描いた心理サスペンスだが、愛が怒りに変った妻と、恨み辛み攻撃を受ける夫の絵模様は「犬も食わない夫婦喧嘩」のようで、少し笑えた。

  • 監督:
    ビョルン・ルンゲ
  • 出演:
    グレン・クローズ
    ジョナサン・プライス
  • 配給:
    松竹株式会社

内に秘めた激しさ。愛と嫉妬に揺れ動く妻心を凄みを利かせ、エレガントに演じきったグレン・クローズ、再び代表作を手にした。

©META FILM LONDON LIMITED 2017

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

My Generation

  • Bunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショー
  • 2017年 イギリス映画 85分

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

世界を変えたロンドン、1960年代にタイムスリップ!!

1960年代後半、イギリス・ロンドンから発信した音楽・ファッションは巨大なムーブメントとなった。ビートルズやローリング・ストーンズなどの伝説バンドや、モデルのツイッギー、ファッションデザイナーのマリー・クワントらは、現在も世界に大きな影響を与え続けている。イギリスの1960年代カルチャーを描いたドキュメンタリー。 6年がかりで大物ミュージシャンら多くのインタビュー撮影を敢行し、当時の映像を交えた貴重なアーカイブとなっている。

  • 監督:
    デイヴィッド・バッティ
  • 出演:
    マイケル・ケイン
    デイヴィッド・ベイリー
  • 配給:
    東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

名優マイケル・ケインがプロデュースとプレゼンターを務め、若いマイケル・ケインと現在のマイケル・ケインがナビゲート。当時の熱狂ぶりがよみがえる。

© Raymi Hero Productions 2017

ホイットニー ~オールウェイズ・ラブ・ユー~

Whitney

  • TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
  • 2018年 イギリス映画 120分

ホイットニー ~オールウェイズ・ラブ・ユー~

80年代に彗星の如く現れた歌姫!栄光と影が明らかになる!!

現存する彼女の膨大な映像記録を丹念にリサーチし、ホイットニー・ヒューストン財団が初公認したドキュメンタリー映画。 パワフルで伸びのある歌声でトップに輝いたホイットニー・ヒューストン。彼女の歌声は、性別、国境、世代、人種を超越し影響力を与えた存在だった。『ボディーガード』の成功後、人気歌手ボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、ドタキャン問題とスキャンダルばかり取り上げられ、48歳の若さで不慮の死を遂げる。今、彼女の光と影の人生が明らかになる・・・

  • 監督:
    ケヴィン・マクドナルド
  • 出演:
    ホイットニー・ヒューストン
  • 配給:
    ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES

今回初公開となったホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源、家族、友人、仕事仲間などのインタビューから見えてくる彼女の知られざる素顔は苦悩する一人の女性だった。

©2018 WH Films Ltd

喜望峰の風に乗せて

The Mercy

  • TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 イギリス映画 101分

喜望峰の風に乗せて

家族の愛と大きな期待 過酷なヨットレースに挑んだ男の感動実話

「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マシュー監督と「英国王のスピーチ」のコリン・ファース。アカデミー賞(R)に輝く2人の初タッグ作品。海洋冒険ブームで沸いていた60年代後半のイギリスで、過酷な単独無寄港世界一周ヨットレースに挑戦したビジネスマン、ドナルド・クローハーストの実話を映画化。厳しい自然と耐え難い孤独感と闘うも、心身共に疲れ果て驚きの行動を起こしてしまったクローハースと、彼の成功と生還を信じ待ち続ける家族の物語を描く。

  • 監督:
    ジェームズ・マシュー
  • 出演:
    コリン・ファース
    レイチェル・ワイズ
  • 配給:
    キノフィルムズ/木下グループ

クローハーストの命がけの行動に「自分自身を見た」と語り、誠心誠意演じたコリン・ファース。妻役の同じくアカデミー賞(R)女優レイチェル・ワイズの美しさがひと際目立った。

©STUDIOCANAL S.A.S 2017

未来を乗り換えた男

TRANSIT

  • ヒューマントラストシネマ有楽町 新宿武蔵野館ほか全国瞬時ロードショー
  • 2018年 フランス・ドイツ映画 102分

未来を乗り換えた男

生き先の見えない男が乗り換えた“新たな人生 ”そこに、未来はあるのか?

ドイツの名匠クリス・ディアン・ぺッツォルト監督最新作。1942年に亡命先のマルセイユで執筆したドイツ人作家アンナ・ゼーガースの小説「トランジェット」を現代に置き換え映画化。ナチスによる悪夢の史実と現代の難民問題を重ね合わせた異色作だ。深刻な難民問題で揺れビザ発給で難民が溢れかえる現代のフランス。祖国ドイツを追われた男が、亡命先のマルセイユで他人の人生を手に入れ、新たな未来に乗り換えようとする姿をサスペンスフルに描く。

  • 監督:
    クリスティアン・ぺッツォルト
  • 出演:
    フランツ・ロゴフスキ
    パウラ・ベーア
  • 配給:
    アルバトロス・フィルム

運よく他人に成りすました男。謎の美女との出会いが、再び男の人生を変えていく…。危うい恋模様と切迫した亡命劇。主演二人も美しいが、今の世界状況を知る上でも観るに値する。

©2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

愛唄―約束のナクヒトー

愛唄―約束のナクヒトー

今、輝く!
生きることを恐れないで!

突然余命宣告された青年が偶然出逢った“詩集”と一人の少女。初めて知る“恋”という感情に、今を夢中で生きることに目覚めていく…。“人を好きになることを恐れないで”というメッセージが込められた本作は、あの名曲「キセキ」と並ぶGReeeeNの代表曲「愛唄」を映像化したもの。今回映画化するにあたり、GReeeeNと清水匡氏が実話エピソードから着想を得て新たに脚本にしたためた、もう一つの「愛唄」で、逆境に向かってその一瞬、一瞬を輝いて生きる若者の姿が眩しく映る珠玉の青春映画である。

  • 監督:
    川村泰祐
  • 出演:
    横浜流星
    清原果耶
  • 配給:
    東映

横浜流星、清原果耶、飯島寛騎。ブレイク必至の若手スターが、名曲「愛唄」を“息してることさえ忘れる”ほど力一杯演じきる。特に清原果耶の生き生きとした存在が印象深かった。

Ⓒ2018「愛唄」製作委員会

そらのレストラン

そらのレストラン

美味しい“しあわせ” いただきまーす!

「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く大泉洋主演の「北海道映画」シリーズ第3弾。 豊かな自然と食の宝庫ならではの安心・安全、美味しい食材を主人公に、食の大切さ、家族の温かさを描いてきた人気のスロウライフ・シリーズだ。今回の舞台は道南・せたな町の海のみえる牧場と、そこで作るチーズ。酪農とチーズ工房を営む主人公、恒理(わたる)と妻のこと絵、娘の潮莉(しおり)の穏やかなしあわせと、この一家を囲む仲間たちとの心温まる「絆」の物語が、深川栄洋監督のもとほのぼのと描かれる。

  • 監督:
    深川栄洋
  • 出演:
    大泉洋
    本上まなみ
  • 配給:
    東京テアトル

大泉洋と共演陣の軽妙なトークアンサンブル(アドリブ?)もこの映画の見せ所。人と人を繋ぐ温かい食事。皆が笑顔になれる愛情尽くしの「そらのレストラン」。美味しく頂きました。

Ⓒ2018『そらのレストラン』製作委員会

デイアンドナイト

  • 秋田先行公開、1月26日(土)から全国ロードショー
  • 2018年 日本映画 134分

デイアンドナイト

善と悪の向こうになる真実とは?!

俳優・山田孝之が長年温めてきた企画で今回はプロデューサーに専念し、人間の心に問いかける“善と悪”をテーマに描いたオリジナルドラマ。 父の自殺がきっかけで疎遠になっていた実家へ帰った明石幸次。家族は崩壊の状態で、することを見いだせない明石に児童養護施設のオーナーの北村が手を差し伸べる。孤児の父親として生活する北村は、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない」という道徳観から、犯罪を繰り返していく・・・。

  • 監督:
    藤井 道人
  • 出演:
    阿部進之介
    安藤政信
  • 配給:
    日活

藤井監督は人が生きる上で「善い」と思っていることに疑問を投げかけ、その裏側に潜む「悪」にフォーカスすることで人間の共存する心を表現している。養護施設のオーナーと地元大手企業の社長と相互する“善と悪”の顔。あなたにはどうメッセージが届くのか?

©「デイアンドナイト」製作委員会

夜明け

  • 新宿ピカデリーほか全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 113分

夜明け

「愛」が二人を近づけ、遠ざけていく…

是枝裕和・西川美和両監督が立ち上げた制作者集団「分福」出身の期待の新人監督、広瀬奈々子のオリジナル脚本によるデビュー作。秘密を抱え逃げてきた青年と、青年を救い何も言わず迎い入れた父親ほどに年の離れた男との“もどかしい”愛情の物語。家族を捨ててきた青年と、既に家族を失くしていた男。過去に闇をもつ者同士が、心の空洞を埋め合うかのように触れ合うが、結局は親子のような関係にはなれない、どうにもやるせない姿を“夜明け前”を連想させる白々とした薄暗い映像灯のもとナイーブに描き出す。

  • 監督:
    広瀬奈々子
  • 出演:
    柳楽優弥
    小林薫
  • 配給:
    マジックアワー

愛を乞う青年と、愛を与える男。父子のような関係性は、次第に男の狂気じみた愛の共有により急変するが、柳楽優弥と小林薫が共に感情を抑えつつ、激しい心の内を上手く表現した。

Ⓒ2019「夜明け」製作委員会 yoake―movie.com

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

REBEL IN THE RYE

  • TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 アメリカ映画 109分

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

J.D.サリンジャー生誕100周年 今、明かされる衝撃の真実

「ライ麦畑でつかまえて」の作者J.D.サリンジャーの何かと謎の多かった半生と、名作誕生にまつわる真実の物語。映画はサリンジャーの作家デビューから表舞台から姿を消すまでを、彼を取り巻く様々な人や、辛い経験などを交え描かれる。いつどこで、あの名作は生まれたのか。何故彼は人気絶頂期に姿を消し、人里離れた屋敷で隠遁生活を送ったのか。ジョン・レノン暗殺犯や、レーガン元大統領暗殺未遂氾が愛読書としていたが、その関係性とは?など、幾つもの疑問を紐解いていくセンセーショナルなストーリに興味が湧いた。

  • 監督:
    ダニー・ストロング
  • 出演:
    ニコラス・ホルト
    ケヴィン・スペイシー
  • 配給:
    ファントム・フィルム

過敏なサリンジャーを今や立派な役者に成長したニコラス・ホルトが複雑に演じる。共演に久々の登場となるケヴィン・スペイシー。

©2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジュリアン

Jusqu'a la garde

  • 新宿ッシネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
  • 2017年 フランス映画 93分

ジュリアン

母を守る息子ジュリアンの嘘が、父を暴走させる!!

現代の離婚事情をそれぞれの家族目線でリアルに描いたヒューマンサスペンス。 この作品を作るのにあたり「クレイマー・クレイマー」や「シャイニング」を参考にした監督の演出は一言“怖い”である。離婚後の夫婦の愛情に対する温度差が男を狂気の暴走へと走らせる。 離婚したブレッソン夫妻の11歳の息子ジュリアンの親権訴訟の結果、父アントワーヌに隔週の週末にジュリアンと面会させるという不本意なものだった。ジュリアンは母を守るため嘘をつき避け続けていたが、アントワーヌの不満は徐々に蓄積されていく・・・。

  • 監督:
    グザビエ・ルグラン
  • 出演:
    レア・ドリュッケール
    ドゥニ・メノーシェ
  • 配給:
    アンプラグド

DVを抱える家族事情から離婚へ。衝撃のラストはまさに恐怖。リアルな演出に、新人監督勉強してるなーと感じる傑作です。

©2016 - KG Productions - France 3 Cinema

ゴールデンスランバー

GOLDEN SLUMBER

  • シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
  • 2018年 韓国映画 108分

ゴールデンスランバー

国家VS無実の宅配ドライバー!隠された陰謀を暴く怒涛の逃走アクション!!

伊坂幸太郎の同名小説を韓国で映像化。国家権力の陰謀に巻き込まれた平凡な宅配ドライバーが、無実の罪を晴らすため事件の真相を解明するノンストップ逃走ドラマ。 人気アイドルを強盗から救ったことで国民的ヒーローになった宅配ドライバーのゴヌは、ある日、目の前で起きた爆弾テロの犯人され、国家情報院、マスメディアに追われることになる。大統領候補暗殺の陰謀に気付いたゴヌは、巨大な国家権力に立ち向かっていく・・・。

  • 監督:
    ノ・ドンソク
  • 出演:
    カン・ドンウォン
    ハン・ヒョジュ
  • 配給:
    ハーク

オリジナル性を重視した日本版は主人公が、どんなに見苦しい姿でも生き残る姿を描いていたが、韓国版はオリジナルアイディアを加え、事件解決するハッピーエンドとなっている。

©2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED

バジュランギおじさんと、小さな迷子

Bajrngi Bhaijaan

  • 新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
  • 2015年 インド映画 159分

バジュランギおじさんと、小さな迷子

愛と笑いに包まれた700キロの感動の旅

「バーフバリ王の凱旋」に次ぎ大ヒットを記録したインド映画。母親と一緒にパキスタンからインドに向かう途中、迷子になった声が出せない少女と、危険を顧みず少女を家族の元へ送り届けようとするインド人青年の波乱万丈、二人旅を描く珠玉のエンターテイメント。インド映画ならではの「歌」と「踊り」も満載に、国や宗教の対立を超え育まれる人間愛が胸を打つ。お人好しのインド人青年役のサルマン・カーンは、インド映画界で最も影響力のある(三大カーン)俳優の一人。

  • 監督:
    カビール・カーン
  • 出演:
    サルマン・カーン
    ハルシャーリー・マルホートラ
  • 配給:
    SPACEBOX

159分という長丁場ではあるが、6歳の名女優ハルシャーリー・マルホートラの可愛さに時間を忘れる。少女のためなら“エンヤコラ”と、青年が思わず助けたくなるのも納得だ。

©Eros international all rights reserved. ©SKF all rights reserved.