記者たち 衝撃と畏怖の真実

Shock and Awe

  • TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
  • 2017年 アメリカ映画 91分

記者たち 衝撃と畏怖の真実

大量兵器はあったのか?

イラク戦争の原因となった大量破壊兵器はあったのか?疑問から真実を追求した記者たちの不屈の魂を描いた実録ドラマ。「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーは、戦争が起きた真実を国民が知らなければ民主主義がありえないとの信念の元、製作を決める。政府の圧力に屈せず、真実の報道を伝え続けた記者たちのジャーナリズム魂に感服。 2002年、サダム・フセイン政権は大量破壊兵器の保持している、暴走を止める為、イラク侵攻に踏み切ることを宣言したジョージ・W・ブッシュ大統領。

  • 監督:
    ロブ・ライナー
  • 出演:
    ウディ・ハレルソン
    ジェームス・マースデン
  • 配給:
    ツイン

今アメリカで起きているトランプ政府対マスコミも根本はジャーナリズムを守る戦いなのかもしれない。感慨深い映画である。

©2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.