居眠り磐音

居眠り磐音

哀しくも美しいラスト侍の決断

平成で最も売れている時代劇小説シリーズの佐伯泰英原作「居眠り磐音 決定版」シリーズを映画化。友を斬り愛する人と別れ、江戸で慎ましく過ごす坂崎磐音を演じたのは時代劇初主演の松坂桃李。優しさと明るさを持つ磐音の下町庶民らしさに共感を感じつつも悪と対峙するときの孤高の剣の鋭さが作品の要になっている。中村梅雀、谷原章介、柄本明など個性的な名脇役との共演でも演じ負けしない“芯”の演技は必見だ。 豊後関前藩の江戸勤番を終えた坂崎磐音と幼馴染の小林琴平、河井慎之輔ら3人は郷里に戻るが、妻の舞の不貞の噂を聞き慎之輔は逆上し舞を斬ってしまう。激高した舞の兄、琴平は慎之輔と噂を吹き込んだ慎之助の叔父を斬る事態に発展。

  • 監督:
    本木克英
  • 出演:
    松坂桃李
    木村文乃
  • 配給:
    松竹

藩の処分は琴平死罪。江戸の長屋で浪人なった磐音は、昼は鰻割きとして働き、夜は両替商・今津屋の用心棒をしていた・・・。

©019 映画「居眠り磐音」製作委員会