2020年3月号

※右端をクリックすると次のページに移動します。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

LITTLE WOMAN

自分らしく 輝く!
「若草物語」それは私自身の物語

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

南北戦争時代を背景に、四姉妹の愛と成長を描いた不朽の名作「若草物語」を、「レディ・バード」の新鋭グレタ・ガーウィグが映画化。女性の自立、社会進出、自分らしさをテーマに映画製作に取り組む監督がその手腕を遺憾なく発揮、新時代に向けた「若草物語」を完成させた。「若草物語」は原作者ルイ―ザ・メイ・オルコットの自伝的小説で、作家志望の次女ジョーに自らの生き方を重ね合わせ書き上げたということから、本作ではシァ―シャ・ローナン演じるジョーを主人公に彼女の視点から物語は進行する。

優しくしっかり者のメグ。病弱なベス、上層志向のエイミー、そして勝ち気で情熱的なジョー。19世紀のアメリカ、マサチューセッツ州ボストンに暮らすマーチ家の四姉妹の輝きに満ちた「若草の頃」。映画は私たちが知っている「若草物語」をおさらいしながら、作家志望のジョーが小説家になるまでの道のりを導入し、「いつまでも変わらない姉妹関係とその後の物語」を描き上げた。オスカー常連、本作でも主演女優賞にノミネートされた若き名女優シァ―シャ・ローナンのエネルギッシュな演技に魅了される。

  • 監督:
    グレタ・ガーウィグ
  • 出演:
    シアーシャ・ローナン
    ティモシー・シャラメ
  • 配給:
    ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント

「ハリー・ポッター」のエマ・ワトソン、新進女優フローレンス・ビューも魅力的だが、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメのキラキラ感はダントツ、めまいがした。

ジュディ 虹の彼方に

JUDY

往年のミュージカル女優 光と影の物語
虹の彼方に、きっとある…

ジュディ 虹の彼方に

伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を描いたピーター・キルター原作の舞台劇「End Of The Rainbow」の映画化。舞台演出を多く手掛け、ブラット・ピット製作総指揮による「トゥルー・ストーリー」で長編映画デビューを飾ったルパート・グルード監督がメガホンをとった。「オズの魔法使い」のドロシー役を射止め、一躍スター街道を駆け上がったジュディ。だが本作は華やかな功績の再演ではなく、死ぬまで「オズの魔法使い」の呪縛から逃れられなかったスター女優の別の顔が映し出されている。

1968年のロンドン。幼い二人の子供を連れ地方巡業で生計を立てるジュディ。体型維持や、多忙なスケジュールをこなす為、少女時代から薬漬けの日々を送り、精神不安定に悩まされながらも、いざステージに上がると一流エンターティナーに早変わり、観客を魅了するのだ。ジュディ役のレネー・ゼルウィガー。「ブリジット・ジョーンズの日記」で大ブレイク、「シカゴ」「コールド マウンテン」と代表作が続くも、昨今活躍の場を失っていた彼女が、偶然にもジュディと同じ年齢で見事返り咲き。代表作に巡りあった。

  • 監督:
    ルパート・グールド
  • 出演:
    レネー・ゼルウィガー
    ジェシー・バックリー
  • 配給:
    ギャガGAGA★

独特の歌い方を完璧にマスターし、全曲歌い上げたレネー。全精力を込め身心共にジュディに成りきった。特に「カム・レイン・オア・カム・シャイン」の迫力の歌声に震えた。

©Pathe Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

ドクター・ドリトル

DOLITTLE

  • 全国ロードショー
  • 2019年 アメリカ=イギリス映画 101分

ドクター・ドリトル

伝説の果実を見つけ出せ!!
ドリトル先生と仲間たちの壮大な冒険が、今、はじまる…

動物と話せる変わり者のイギリスの名医。あの世界的ベストセラー「ドリトル先先」が、「アリス・イン・ワンダーランド」「マレフィセント」のスタッフとアカデミー賞®脚本賞受賞のスティーヴン・ギャガン監督、並びに「シューロック・ホームズ」のロバート・ダウニーJR.という最高のコラボレーションにより映画化。妻を亡くして以来後ろ向き生活を送るドリトル先先が、若きイギリス王女を救うため、新しい相棒と愉快な仲間たちを引き連れ大海原に乗り出す壮大なアクション・アドベンチャーが繰り広げられる。

  • 監督:
    スティーヴン・ギャガン
  • 出演:
    ロバート・ダウニーJR.
    アントニオ・バンデラス
  • 配給:
    東宝東和

名優が児童文学の枠を越え大ハッスル!。エマ・トンプソンを筆頭に個性的な動物たちの声を担当する豪華俳優陣の共演も楽しい。

©2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

Fkushima50フィフティ

Fkushima50フィフティ

奇跡を生んだ福島作業員の決意!!

今でも日本人の記憶に爪痕として深く残る東日本大震災。後手後手に回る当時の政府の対応にいまだ不信感が残っている。しかし被災地の現場は深刻な窮地の連続だったとは映画を観て知る。そしてその危機を救った現場作業員らの姿に感銘を受けた。 日本の観測史上最大のマグニチュード9.0、最大震度7の地震が発生し、震源地の近くの福島第一原子力発電所に巨大津波が襲る。被害は甚大で電力は止まり、次々と予測不明の事故起こる。現場では作業員が発電所に残り、決死隊となって対応していく。

  • 監督:
    若松節朗
  • 出演:
    佐藤浩市
    渡辺謙
  • 配給:
    松竹、KADOKAWA

世界中のメディアから“Fukushima 50”と呼ばれた福島出身の作業員たちの覚悟が凄い。命を懸けてこの国を、街を救う想いは戦時中の特攻隊精神のようで涙がでた。当時の政府の無能さは現場の深刻さに水を差す行為、腹を立てた所長の尻出し踊りでのアピール。

©2020「Fukushima 50」製作委員会

初恋

初恋

最期に出会った最初の恋!

三池崇史監督が恋愛映画を撮ったと聞き新境地の開拓かと思ったが、出来上がりは、やはり期待を裏切らない三池ワールドだった。内容的には恋愛がありヤクザがいっぱいいて、最後の盛り上がりは全員が登場して暴れまわって対峙する、タランティーノばりの大団円と、拍手喝采ものだ。天涯孤独の天才ボクサー、葛城レオが、まさかのラッキーパンチでKO負けし、病院で受けた結果は脳腫瘍で余命わずかを宣告される。自暴自棄で歌舞伎町の街を彷徨っていると、レオの目に男に追われる少女が飛び込んでくる。少女を助けたことで悪徳刑事、ヤクザ、中国ヤクザから追われる身に・・・。

  • 監督:
    三池崇史
  • 出演:
    窪田正孝
    大森南朋
  • 配給:
    東映

どこまでもクールで格好の良い窪田の存在と、時代遅れのヤクザの内野の渋さ、しかしその主役級を圧倒する演技を見せた。

©2020「初恋」製作委員会

一度死んでみた

一度死んでみた

この映画 めちゃくちゃ面白いdeath(デス)!
死んだふりごっこは、愛情確認death(デス)

「なつぞら」の国民的人気女優広瀬すず主演作。製薬会社社長で科学オタクの父親を毛嫌いするデスメタルな反抗期娘七瀬。「一度死んでくれぃ~」と思っていた父親が本当に死んでしまったことで起こる騒動を描くハートフル・ギャグ・コメディ。SoftBankのCMプランナー/クリエィティブ・ディレクターの澤本嘉光の絶品脚本を、au「三太郎」シリーズのCMディレクター浜崎愼治監督が演出。今の日本のCM界を牛耳る最強コンビのクリエィティブな発想と感性がピカリと冴える傑作だ。

  • 監督:
    浜崎愼治
  • 出演:
    広瀬すず
    吉沢亮
  • 配給:
    松竹

広瀬すずのコメディアンな一面と、魂の歌唱力にも注目。堤真一、リリー・フランキーの安定した演技と、吉沢亮の“存在感のない演技”も楽しい。豪華俳優陣のカメオ出演にも仰天!!。

Ⓒ2020松竹 フジテレビジョン

黒い司法 0%からの奇跡

Just Mercy

黒い司法 0%からの奇跡

司法の闇を戦った冤罪から無実になった真実の物語!

黒人への差別が色濃いアラバマ州で、冤罪の死刑囚を助けた弁護士の実話を映画化したヒューマンドラマ。当時、人種差別が蔓延っていたアメリカで、犯人を検挙しないといけないと躍起になり黒人というだけで逮捕する警察と検察の無謀な事実が描かれている。 しかし強要した自白証言だけで証拠なしのまま死刑囚とは人権もあったものではない。根気よく矛盾を暴き奮闘する新人弁護士役のマイケル・B・ジョーダンの人間味溢れる演技、ラストシーンで無罪を勝ち取る姿は素晴らしい。

  • 監督:
    デスティン・ダニエル・クリットン
  • 出演:
    マイケル・B・ジョーダン
    ジェイミー・フォックス
  • 配給:
    ワーナー・ブラザース映画

黒人への差別が根強い1980年代のアラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターの無罪を勝ち取るため立ち上がった新人弁護士のブライアン。しかし、事件を調べれば調べるほど根は深い。

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

レ・ミゼラブル

Les miserables

  • BUNKAMURAル・シネマほか全国ロードショー
  • 2019年 フランス映画 104分

レ・ミゼラブル

暴動まであと30分!!現代のフランス革命のような緊張感

ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」は1800年代のフランス革命を描いた名作で、これまで舞台劇、映画化などされているが、現在は犯罪多発地域で危険なスラム街と化したモンフェルメイユで起こる、現代の若者が抱える社会の“闇”を描く。怒り怒ることでしか自分たちを主張できない若者に対し、地元の警察官の粗暴な行動が常に緊張状態にあった。イッサという少年がサーカスで引き起こした些細な行動は、警官を刺激し、制裁を加えたことで、大きな騒動へと発展してしまう・・・。

  • 監督:
    ラジ・リ
  • 出演:
    ダミアン・ボナール
    アレクシス・マネンティ
  • 配給:
    東北新社

暴動へつながる不穏な空気と暴発する若者の姿はスパイク・リーの世界観を周到したエネルギーを感じる。暴走してからの勢いは現在の“フランス革命”を彷彿させる。

©SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS

もみの家

もみの家

なりたい自分を見つけ出す 1年間の物語
作り手の真心が伝わる感動系ヒューマンドラマ。

不登校やひきこもり、ニートなどで人生に立ち止まってしまった若者達の自立を支援する施設「もみの家」を舞台に、ここに入所した16歳の少女彩花の心の成長を描くヒューマンドラマ。本作の監督、坂本欣弘の生まれ故郷、富山県にて実際に1年をかけて撮影。少女が生まれ変わっていく姿をじっくり丁寧に映し出した。「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で吃音の少女を演じた南沙良が、同じ境遇にいる仲間たちとの共同生活や、農作業を体験し、一歩前へ踏み出していく少女の心の機微を表情豊かに演じ上げた。

  • 監督:
    坂本欣弘
  • 出演:
    南 沙良
    緒方直人
  • 配給:
    ビターズ・エンド

“焦らずゆっくりと、なりたい自分になればいい”。「もみの家」の主宰者(緒方直人)の言葉が胸に響いた。

Ⓒ2020もみの家製作委員会

劇場版 おいしい給食 Final Battle

劇場版 おいしい給食 Final Battle

給食革命、私は給食が大好きだ!!

市原隼人演じてスマッシュヒットした給食マニアの中学教師が、劇場版となって帰ってきた。1984年の埼玉の中学校。給食大好きの教師・甘利田幸男は、学校から給食がなくなるという衝撃の事実を校長から通達される。甘利田のライバルで生徒の神野ゴウは、「給食革命」を目指して生徒会選挙への出馬を宣言する。愛する給食を守るため、甘利田は教育委員会に給食続投をさせるため、ある秘策に奮闘する・・・。 全編にながれる給食の美味しい映像と、狂乱ともいえるくらい給食にこだわりを見せる甘利田幸男の食べっぷり。

  • 監督:
    綾部真弥
  • 出演:
    市原隼人
    武田玲奈
  • 配給:
    AMGエンタテインメント、イオンエンターテイメント

次々と繰り出されるオリジナルレシピのライバル生徒の神野ゴウの給食ガレッジ。この作品を観ればいつの間にか、そこは給食の世界が甦る。

©2020「おいしい給食」製作委員会

恐竜が教えてくれてこと

My Extraordinary Summer with Tess

  • シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
  • 2019年 オランダ映画 84分

恐竜が教えてくれてこと

少しだけ大人になった僕の
“7日間のマジカルストーリー”

アンナ・ウォルツの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を、オランダの新星ステフェン・ワウテルロウトが映画化。家族と一緒にサマーバカンスに訪れた11歳の少年サムと、地元のおませな少女テスのひと夏の冒険を描くハートゥォーミング・ストーリー。「地球最後の恐竜は、自分が最期の恐竜だと知っていたのかな?」という哲学的な疑問に悩む11歳の少年が、快活な少女テスと出会ったことで、思春期特有の感情が芽生え、彼女の悩みを解決するため人肌脱ぐことに…。

  • 監督:
    ステフェン・ワウテルロウト
  • 出演:
    ソンニ・ファンウッテレン
    ヨセフィーン・アレンセン
  • 配給:
    彩プロ

誰にでもあるかけがえのない子供の頃の「思い出」を、ふと呼び覚ましてくれるようなノスタルジックな感傷に浸れる珠玉作品。

©2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

The Death and Life of John F.Donovan

  • 新宿ピカデリー ヒューマントラストシネマ有楽町YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
  • 2018年 カナダ・イギリス映画 123分

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気スターの光と闇 僕の苦しみを知っているのは、君だけだ…

若きカリスマ、グザヴィエ・ドラン監督最新作は、憧れのスターだったレオナルド・ディカプリオに手紙を書いた経験をもとに5年の構想期間を経て完成、初の英語作品を誕生させた。物語は、人気スター、ジョン・F・ドノヴァンの謎の死から始まり、その10年後、彼と子供の頃に文通をしていたという若手俳優のルパートの口からドノヴァンとの秘密の交友関係、光と影の舞台裏、死の真相が語られる。

  • 監督:
    グザヴィエ・ドラン
  • 出演:
    キット・ハリントン
    ナタリー・ポートマン
  • 配給:
    ファントム・フィルム 松竹

ナタリー・ポートマン、キャシー・ベイツ、スーザン・サランドンの豪華3大女優の共演も魅力だが、「ルーム」の天才子役ジェイコブ・トレンブレイの演技はひと際輝いて見えた。

©THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

シェイクスピアの庭

ALL IS TRUE

  • Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
  • 2018年 イギリス映画 101分

シェイクスピアの庭

名優ケネス・ブラナー、シェイクスピア愛が伝わる渾身作

英国の偉大なる劇作家で詩人のウィリアム・シェイクスピアの知られざる晩年を、イギリスの名優で監督のケネス・ブラナーが映画化。まるでシェイクスピア劇を観劇しているのかと錯覚するほどクラシカルに高尚に演出。映画は1613年6月29日、「ヘンリー八世」上演中のグローブ座での大火災の後突如断筆し、20余年ぶりに故郷ストラスフォード・アポン・エイヴォンへと戻ったシェイクスピアが、一人息子の死や家族との確執を乗り越え穏やかな晩年を過ごす姿を描く。

  • 監督:
    ケネス・ブラナー
  • 出演:
    ケネス・ブラナー
    ジュディ・デンチ
  • 配給:
    ハーク

一人息子の死を悼み、庭造りに勤しむシェイクスピア。その庭は失った時間を取り戻した家族の憩いの場を意味しているようだ。ジュディ・デンチ、イアン・マッケランの競演も豪華。

©2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.

星屑の町

星屑の町

歌から勇気をもらった昭和の時代が令和に甦る!

ドサ回りで食いつなぐ売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描いた舞台「星屑の町」が生まれて25年、今回同じメンバーで遂に映画化。王道ともいえる泣き笑いに昭和の名曲に浮かれる気持ちになるのは令和でも一緒。歌から勇気をもらったあの時代が体験できる。ある日巡業でスナックの手伝いながら歌手を夢見ていた少女がハローナイツに入りたいと言い出したことから、思わぬ騒動が巻き起こる・・・。

  • 監督:
    杉山泰一
  • 出演:
    のん
    ラサール石井
  • 配給:
    東映ビデオ

田舎娘の愛役の、のんの輝きが凄い。愛が入ったことで歌う曲の幅が広がり華やかさから売れっ子に上り詰める様が実にいい。ハローナイツのメンバーも普段は脇役で活躍する俳優陣が底力を発揮。新しくは無いかもしれないが王道の泣き笑いに満足する作品である。

©2020「星屑の町」フィルムパートナーズ

酔うと化け物になる父がつらい

  • 新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 95分

酔うと化け物になる父がつらい

酒を飲んで、飲まれてしまった父親 父と娘の「365日の酒日記」

原作者菊池真理子の実体験に基づく大人気コミックエッセイを「ルームロンダリング」の期待の新鋭・片桐健磁監督が映画化。365日酔っぱらっている父親を持った娘の寂しき心情をコミカルかつシリアスに描く。酒が弱いのに酒を飲み、化け物のように豹変する父親と、新興宗教にハマることで良い妻を演じている母親。そんな両親に振り回される二人の娘たちとの怒涛の日々。映画は、毎日酔っぱらって帰ってくる父親の面倒を見ながらも、常に愛情を模索する主人公サキの根暗な視点から、父親との想い出を綴る。

  • 監督:
    片桐健磁
  • 出演:
    松本穂香
    渋川清彦
  • 配給:
    ファントム・フィルム

新進女優松本穂香と名脇役渋川清彦のW主演で贈る“普通じゃない家族”の物語。宇野祥平、森下能幸、安藤玉恵らが飲み友達を演じ、まるで「深夜食堂」の同窓会のようだった。

Ⓒ菊池真理子/秋田書店Ⓒ2019映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会