長いお別れ

  • 全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 127分

2019年05月31日公開

愛と笑いの7年間
父が遺してくれたのは、前を向いて生きることでした。

「湯を沸かすほどの熱い愛」が高く評価された中野量太監督待望の最新作は、認知症を患った父親と家族の7年間に渡る愛の歩みを描く感動作。原作は「小さいおうち」の中島京子の同名小説で、中島自身の父親との実体験をもとに生まれた物語だが、今回映画化するにあたり原作での三姉妹から二人姉妹へ、何人かいた孫も一人へと設定が変えられたことで、より濃密な家族像が構築された。辛い介護に焦点を当てるのではなく、常に父親が中心にいて、残された者たちの人生に絡んでいくという話の流れも新鮮だった。

父親の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちは、母親から厳格だった父親が認知症になったことを告げられる。姉妹もまたそれぞれに問題を抱えているが、父親の病をきっかけに絆を深め、「家族」としての道のりを再び歩き始めるのだ。トンチンカンな言動で絶えず周りを驚かす父。名優、山崎努の抜群の演技は、愛嬌があり優しさがある。松原智恵子の献身的な妻役は娘のようで本当にチャーミング。両親のことになると、居ても立ってもいられなくなる竹内結子、蒼井優姉妹の娘心は同世代として共感した。

認知症は、少しずつ記憶を失くし、ゆっくり遠ざかっていくその様子から、アメリカでは「Long Goodbye(長いお別れ)」と表現されていることで、このタイトルがつけられた。

  • 監督:
    中野量太
  • 出演:
    蒼井優
    竹内結子
  • 配給:
    アスミック・エース
Ⓒ2019「長いお別れ」製作委員会