空母いぶき

  • TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 134分

2019年05月24日公開

空母いぶき

日本を護る24時間の攻防!!

国の攻防に対し憲法9条の壁などと問題視する現在の日本で、笑っていられない映画が現れた。「沈黙の艦隊」のかわぐちかいじの「空母いぶき」の映画化は衝撃的だ。国籍不明の軍事勢力が突然日本の領海に侵入し領土の一部を占拠する。攻撃を仕掛けてくるのは間違いない中、憲法9条の壁から攻撃をすることは出来ない。日本国民を守るため、日本政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣し、万全を喫するのだが・・・。

現代の自衛隊が日本を守れるのか?今回自衛隊の全面協力で描かれる攻防戦の迫力は満点で、細かい用語はよく解らないがここまでくると、機械を扱う個々のレベルの差は無く、すべて機械の性能で決まる現代の戦闘はゲーム感覚に近い。しかし相手が攻撃してこないと手が出せない今の状況の自衛隊が可哀そうになる。この映画は日本で現実に起こりうるリアルな作品である。

  • 監督:
    若松節朗
  • 出演:
    西島秀俊
    佐々木蔵之介
  • 配給:
    キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ