僕たちは希望という名の列車に乗った

The Silent Revolution

  • Bunkamuraル・シネマ ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
  • 2018年 ドイツ映画 111分

2019年05月17日公開

僕たちは希望という名の列車に乗った

政治的タブーを犯した若者達
彼らを乗せた列車は希望へと走り出す 

ベルリンの壁が建設される5年前の東西冷戦下の東ドイツで起こった衝撃実話。1956年のハンガリー動乱をきっかけに将来の明暗を選択させられた若者たちの「正義ある行動」と「小さな反抗」を描く。原作者ディートリッヒ・ガルスカの体験談を映画化したもので、映画はハンガリー動乱の光景を見た2人の高校生がクラスメートと共に、ハンガリー市民への哀悼の気持ちで行った「2分間」の黙祷が「国家反逆」とみなされ、大学進学か労働者かという選択を迫られ究極の決断を下すまでの葛藤劇が描かれる。

ドイツの歴史や時代背景などある程度の知識は必要だが、政治弾圧に縛られた若者達の苦悩や葛藤を軸に青春群像劇へと塗り替えたラース・クラウメ監督の手腕を褒めたいと思う。

  • 監督:
    ラース・クラウメ
  • 出演:
    レオナルド・シャイヒャー
    トム・グラメンツ
  • 配給:
    アルバトロス・フィルム/クロックワークス
©Studiocanal GmbH Julia Terjung