存在のない子供たち

CAPHARANAUM

  • シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国公開
  • 2018年 フランス・レバノン映画 125分

2019年07月20日公開

存在のない子供たち

「生きる権利」と「愛される権利」
少年の決死の叫びに世界が驚嘆!

存在のない子供たち

「キャラメル」のナディーン・ラバキー監督最新作。わずか12歳くらいの少年が「両親を訴えたい」と告訴する衝撃的なオープニングから始まる本作は、中東の貧民窟で暮らす子供たちの「ありのまま」の姿を捉えた物語である。レバノン出身である監督が実際に貧困地域や、拘置所、少年刑務所などを訪れ、3年間のリサーチの末にドラマチックに描き出したフィクションではあるが、キャストのほとんどが映画初出演の素人であり、役柄同様の環境にいる人たちということで物語にリアリティが添えられ、メッセージ性の強さも感じた。

中東の貧民窟で両親と兄弟姉妹と暮らすゼイン。多分12歳。両親が出生届を出さなかったから、学校へも行けず、路上で商売をしている。11歳の妹が強制結婚させられたことに腹を立て家を飛び出したが、更なる追い風がゼインの身に降りかかるのだ…。映画は裁判シーンから過去へと遡り、告訴に至った少年の真意を解き明かしていく。途中、エチオピア難民の女性と乳飲み子と出会う辺りから物語は急速にドラマ性を帯びてくる。可愛らしさとは裏腹な少年の鋭い瞳。逞しい生き様に過酷な現状が浮き彫りになり胸が苦しくなった。

計画性のない両親から「愛される権利」を剥奪された少年。「両親を訴えたい」。生きることの残酷さを見せつけられた今、最初と最後に聞くこの言葉の重さの違いに気づかされることだろう。

  • 監督:
    ナディーン・ラバキー
  • 出演:
    ゼイン・アル=ラフィーア
    ヨルダノス・シフェラウ
  • 配給:
    キノフィルムズ/木下グループ
©2018MoozFilms/©Fares Sokhon