楽園

  • 全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 129分

2019年10月18日公開

楽園

運命を分けるY字路
「楽園」はどこにある?

「悪人」「怒り」が映像化された大人気ベストセラー作家・吉田修一の最高傑作「犯罪小説集」の映画化。本作の脚本・監督を務めた「64-ロクヨン-」の瀬々敬久監督の希望により、この「犯罪小説集」に収められている「青田Y字路」と「万屋善次郎」を組み合わせ、さらに原作にはない紡という少女を登場させ、彼女の視点から語られるという新たな試みに挑んだ。話の軸となるのは、Y字路で起きた「少女失踪事件」。この事件に巻き込まれ、運命を狂わされた人間たちの悲痛な「楽園」探しの物語が展開する。

青田が広がるY字路で起きた少女失踪事件。事件は未解決のまま。その12年後、同じ事件が起きたことで、村中にかつての暗い記憶が蘇るのだ…。映画は12年前の事件で被害者少女と直前まで一緒にいた、紡。二つの事件の容疑者として浮上した孤独な青年、豪士。村おこしがこじれ村八分にされた養蜂家の善次郎。「Y字路」で繋がるこの三人を中心に、何かに追い詰められ、何かを抱えて生きる人間の極限の姿を炙り出していく。綾野剛、杉咲花、佐藤浩市の「闇と怒り」の演技は壮絶、共演人も爪痕を残した。

殺人犯は誰なのか。少女は何処に消えたのか。真相は「藪の中」状態ではあるが、“何があっても生きなければいけない”という原作者の意志を貫いた「光」の見える作品になった。

  • 監督:
    瀬々敬久
  • 出演:
    綾野剛
    杉咲花
  • 配給:
    KADOKAWA
Ⓒ2019「楽園」製作委員会